【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宇宙へ飛び立とう

本紙掲載日:2017-09-16
7面
勢いよく飛び立つロケット

JAXAが宮崎県初−北浦小と島野浦小で出前授業

 宇宙への興味を持ってもらおうと宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員による出前授業が14日、延岡市北浦小学校で開かれ、5・6年生児童と隣接する北浦中学校の生徒が宇宙について学んだ。午後は島野浦小学校でも行われた。JAXAによる出前授業は県内初。

 JAXAの第一宇宙技術部門職員5人が来校し、児童向けの授業では同部門事業推進部の井上ゆりかさんが講話をした。現在日本で運用しているロケットは「H―僑繊廖孱函臭僑臓廚如▲蹈吋奪箸梁任曽紊仮貊蠅麓鏤凖膠宙センターと内之浦宇宙空間観測所の2カ所であることなどを紹介。

 「ロケットには人工衛星が積まれていて、衛星を使って気象や気候などの観測を行っています」と話した。

 ペットボトルを使った水ロケット工作もした。本物のロケットには人工衛星が搭載されている。今回は、おもりの役割を担う「ノーズコーン」を画用紙と粘土、新聞紙で制作。本体のペットボトルにはフィンを取り付けて完成させた。

 運動場での打ち上げは、発射台にロケットを装着し、空気入れで圧をかけて準備が完了すると、みんなでカウントダウンを行った。

 「3・2・1発射!」。勢いよく飛び立ったロケットは40〜50メートルを飛行。予想以上の迫力に児童たちは歓声を上げた。

 木原陽祐君は「こんなに飛ぶとは思わなかったのでびっくりした。ロケットは人だけを乗せていると思っていたけど人工衛星も打ち上げることなどが分かった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top