【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

曽木川で課外活動楽しむ

本紙掲載日:2017-09-15
8面
Eボートの操作を楽しむ5年生
手作りの段ボールボートで前進する3年生
水生生物調査を行い曽木川のきれいさを再確認する3年生

ボートを操作、水生生物調査も−北方学園小3、5年生

 延岡市北方町の北方学園小学校(田代和浩校長)の3年生28人と5年生19人が14日、地元を流れる曽木川でカヌー操作など課外活動を楽しんだ。ふるさと学習の一環。

 NPO法人ひむか感動体験ワールド(ノベ☆スタ)やNPO法人五ケ瀬川流域ネットワークのスタッフら〃自然のスペシャリスト〃を講師に迎えて2年前から実施しており、水難事故に遭わないための知識を身に付けることも目的の一つ。

 児童たちはライフジャケットを装着後、柳瀬橋下近くの流れが緩やかな場所で活動。学年別に安全指導やパドルの使い方などの説明を受け、5年生はゴム製カヌー「Eボート」に、3年生は事前に手作りした段ボールボートに試乗。歓声を上げながら貴重な体験を満喫した。

 5年生は用意された2隻に分乗して操作。最初は意図する方向に進まないなど四苦八苦していたが、次第にコツをつかみ始め「イチ、ニ、イチ、二」の掛け声で呼吸を合わせて上手にボートを前進させた。

 3年生は4人一組になってワクワクした様子で〃乗船〃。すぐに水が入ってきて沈没するものが多かったが、中には20メートル近く進んだものもあり、笑顔がはじけた。

 3年生はまた、水生生物調査も行い、片手に網を持ち、ゴーグルを着けて水中を観察。きれいな川にしか生息しないという「ヘビトンボ」を発見した児童もおり、ふるさとの素晴らしさを再発見した。

 5年の橋本菜月さんは「ボートをこぐのは簡単だと思っていたが、実際にやってみると息が合わないと進まないので難しかった。曽木川はすごくきれいだった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top