【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

教職員にストレスチェック

本紙掲載日:2017-09-13
1面

10月、県内市町村で初−延岡市教委

◆公立小中学校−教職員50人未満を対象

 延岡市教育委員会は10月初旬、市内公立小中学校の教職員にストレスチェックを行う。市内の公立小中学校はいずれも(教職員)50人未満の事業所に区分され、現行で実施の義務はないが、教職員の厳しい労働環境が社会で取り沙汰される中、健康管理などの面から独自に取り組む。笠江孝一教育長が、市議会9月定例会一般質問で明らかにした。

 「前向きな姿勢を高く評価するが、今後のスケジュールや具体的な取り組みは」との松田和己議員(友愛クラブ)の質問に対し、笠江教育長は、教職員50人未満の小中学校への実施が当分の間努力義務とされている点を挙げ、「教職員の健康管理の面から実施が適切と考え、今年度から行うことにした」と答えた。

 実施については、教職員特有のストレス要因の質問項目を設けた公立学校共済組合運用の「心のセルフチェック」システムを利用し、「教職員のストレス分析に適した実施に努めたい」。時期は10月初旬に向けて準備中とし、「ストレスへの気付きを促すとともに、必要がある、希望する教職員には面接指導を行いたい」などと述べた。

 同市教育委員会保健体育課によると、公立学校の教職員のストレスチェックの実施については、実施が義務付けられている教職員数50人以上の高校や小中学校ではすでに行われているが、現在は努力義務とされている教職員50人未満の小中学校などで行うのは県内市町村で初めてという。

 このほか、松田議員は、市が昨年度行った市職員のストレスチェック結果についても質問。溝田輝男総務部長は「職員、臨時職員を合わせた1504人のうち1324人が受検。ストレス度が高いと判定された職員の割合は、厚生労働省が設定した標準的設定基準の10%より低い状況。希望職員には産業医の面接指導も行った」などと答えた。

その他の記事/過去の記事
page-top