【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡で試打会を実施

本紙掲載日:2017-09-12
9面
意匠などが一新された次世代ボールのM号(右)。左は現行のA号

来季から採用の新ボール−軟式野球

 延岡軟式野球連盟(吉田建世会長)は24日午後3時から、延岡市西階球場で、来季から採用される次世代ボールの試打会を実施する。「実際に感触を確かめてほしい」と、同連盟加盟チームに参加を呼び掛けている。

 同連盟や全日本軟式野球連盟などによると、軟式野球は、ボールが安価で安心して誰でもいつでもどこでも楽しめるのが最大の特徴。青少年や生涯スポーツとして、広く親しまれてきた。

 ボールは昭和13年に統一製作された初代から、時代に対応し変遷。来年度からの次世代ボールが7代目となる。

 7代目は、安全性を軸に、競技・愛好者が、硬式にも対応できることが、基本コンセプト。特に、ボール外側の縫い目の数を硬式球と同じにして、意匠(デザイン)も一新。投球しやすく、バウンドは低く、飛球が伸びるように設計された。

 これまで主に一般のA号、中学のB号、学童のC号だったものが、AとBがM(メジャー)号に統一され、CはJ(ジュニア)号の呼称になる。

 全軟連の審判技術委員でもある染矢儀傅審判長は「跳ね方からこれまでのボールと若干、変わってくる。この機会に確認し来季以降、対応してもらいたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top