【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「自分ならできる」と肯定

本紙掲載日:2017-09-12
8面
子どもから大人まで幅広い世代の人が話に聞き入った

ビリギャル・小林さやかさんが講演−延岡

 「学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(坪田信貴著)の主人公本人である小林さやかさんの講演会が9日、延岡市の野口記念館で行われた。延岡商工会議所青年部(有田美紀会長)主催。

 小林さんは、愛知県出身。中高大学一貫の中学校に入学後、勉強せずに友だち付き合いや部活に精を出したため学年ビリの成績になった。また、素行も悪く、中学3年時には無期停学になった。

 高2の時、母の勧めで行った塾の面談で、後に恩師になる坪田信貴さんと出会う。塾に通い出した当初は偏差値30以下だったが、坪田さんとの二人三脚で1年半猛勉強して、慶應義塾大学総合政策学部に入学した。卒業後はブライダル企業に入社、結婚を機にフリーのウェディングプランナーとして活躍している。

 小林さんは「『やればできる』を『できる』に〜がんばるって意外といいな。」をテーマに講演。実際に受けた坪田さんの心理学を駆使した指導や「ああちゃん」と呼ぶ母親から受けた愛情など体験談を交えながら講話した。

 このうち、「ああちゃん」から受けた子育て方法として、「こどもを信じ切る」「Beingで褒める」「怒らない」をポイントとして挙げた。

 小林さんは、母から口癖のように「大丈夫」と声を掛けられたという。「肯定的な言葉をいっぱい掛けてあげてください。子どもを信じ切ってください」と語り掛けた。

 「Beingで褒める」とは「存在自体を褒める、認めること」という。「おだてるのではなくて、本当に相手の良い所を見つけて言葉にしてほしい」と話した。

 小林さんは、これらを実行することで親に何でも話して自己肯定感が強い子どもになり、「ワクワクすることを自分で見つけた時に『自分ならできる』と肯定できて爆発的な能力を発揮する」と話した。

 講演後、ほぼ満席となった会場からは質問が次々と上がった。このうち男子高校生は「受験勉強の息抜きはどうしていたか」と質問。「1日15時間勉強していた」という小林さんは「正直、息抜きする時間はなかったけれど、ストレス解消法は枕に顔をうずめて叫ぶことをしていた。あとは日記を書いたり。ぜひ、勉強を頑張ってください」とエールを送った。

その他の記事/過去の記事
page-top