【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市議会一般質問3日目−若杉盛二議員

本紙掲載日:2017-09-07
2面

◆空き家問題−戸数は1261戸

【若杉盛二議員】
▽空き家問題=市空家等対策の推進に関する条例の施行から半年が経過。現在の空き家の状況、その調査方法は。条例の効果はどうか。空き家は見方を変えればまちづくりに活用できる有効な資源。古民家を歴史的資源として今後どう取り扱うか。東京五輪や2巡目国体を見据え宿泊施設として活用する考えは。

【十屋市長】
▽空き家問題=集計途中だが空き家戸数は1261戸。中でも市街地、美々津、東郷、財光寺が多い。調査は目視と老朽程度の判定。条例施行で、相談件数は若干の増加傾向。古民家は貴重な地域の財産。美々津の伝建地区では古民家を飲食店やギャラリーとして活用しており、ゲストハウスも整備されると聞く。民間活用は活発になっており、文化や観光面でも磨かれた地域にしたい。

その他の記事/過去の記事
page-top