【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

間近にパトカー久しぶり

本紙掲載日:2017-09-07
3面
白バイ隊の運転技術に見入る児童ら
白バイにまたがり笑顔の児童

延岡署が出前講座−島野浦小中

 警察官を身近に感じてもらおうと延岡警察署(時任和博署長)は9月6日、延岡市島浦町の島野浦小学校と島野浦中学校の児童生徒、住民を対象に出前講座を開いた。パトカーと白バイは交通指導で訪れて以来、5年ぶりの〃上陸〃。児童らは笑顔で交流を楽しんだ。

 交通事故防止を促すと共に、警察業務を広く理解してもらおうと平成21年以来8年ぶりに開催。時任署長をはじめ、交通課の職員、白バイ隊員ら11人が訪れた。

 児童生徒と対面した時任署長は「なかなか間近に白バイやパトカーを見ることはないと思う。遠慮なく触ったり見たりして楽しく勉強してほしい」とあいさつした。

 交通課の森山達徳係長は交通安全講話として、「自分の命は自分で守る。交通事故に遭わないよう普段からの心構えが大切」と呼び掛けた。その後、警察官の仕事内容をまとめたDVDを視聴した。

 同町出身の児島二郎地域課巡査長は「警察官になるためには」として、自身の経歴を紹介。「特別な資格はいらない。皆さんが今している勉強をしっかり頑張れば警察官になれます」と話した。

 講座の後半は、島浦マリン球場東側駐車場に会場を移して実施。児童生徒に加え、島野浦保育所の園児や地域の人たち計100人が参加した。

 白バイによる模範走行では、300キロの車体を軽々と扱い、高度なテクニックを披露する姿に「かっこいい」「すごい」と歓声。パトカーと白バイの試乗もあり、サイレンを鳴らしたりスピーカーを使って呼び掛ける体験もした。

 さらに、講座中に警察用航空機(県警ヘリコプター)が登場。島の上空を旋回し、参加者全員の写真を収めた。110番クイズなどもあり、児童たちは盛りだくさんの講座内容に大満足の様子だった。

 下村廉君(島野浦中3年)は「最初は大勢の警察官に緊張した。白バイも久々に見たし、バイクの技術もすごかった」。結城埜々香さん(島浦小2年)は「警察もいろいろな仕事があることが分かった。楽しかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top