【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市の2氏が大臣表彰

本紙掲載日:2017-09-06
1面

救急医療功労・牧野氏、防災功労・山口氏

 県は5日、国の平成29年度「救急医療担当者厚生労働大臣表彰」と「防災功労者防災担当大臣表彰」に、いずれも延岡市から牧野剛緒(たかお)さん(66)=黒木病院院長=と山口美三雄さん(81)=前延岡市自主防災組織連絡協議会会長=がそれぞれ選ばれたと発表した。

 牧野さんは、長年にわたり地域の救急医療確保に貢献した個人の功績が認められての表彰。九州大学医学部を卒業後、北九州市立小倉病院勤務、米国シカゴ・ノースウエスタン大学留学などを経て平成4年から黒木病院(延岡市北小路)に勤務、11年から院長、15年から理事長を兼任している。

 この間、同4年から延岡市医師会の理事、13年から副会長、22年から26年まで会長を歴任するなど、地域医療体制の整備・確保にも尽力。昨年11月には県公衆衛生功労者表彰を受けた。

 山口さんは「防災思想の普及」の功労が認められての表彰。平成17年の台風14号災害で自助・共助の重要性を痛感し、地域の被災を最小限にするために自主防災組織(自主防)を結成して、年2回の防災訓練・講話を実施するなど、防災意識の向上に尽力している。

 また、今年6月まで自主防連協の会長として、自主防の結成促進や組織の活性化について区長会連協を中心に多くの地区に対してその重要性を啓発。会長就任時の平成23年に44・5%だった自主防の組織率を28年には79・5%まで向上させるなど、防災思想の普及に大きく貢献した。

 なお、今年度の医療功労表彰には県内から牧野さんのほか産科医療功労(団体)で宮崎市郡医師会病院も選ばれた。また、山口さんの防災担当大臣表彰は平成26年度の猪狩信浩さん(故人)=延岡市=に続き、県内2人目となる。

 医療功労者厚生労働大臣表彰は8日、防災功労者防災担当大臣表彰は12日に、いずれも東京・中央合同庁舎で予定されている。

その他の記事/過去の記事
page-top