【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

池上鉄工所と修電舎−県成長期待企業に認定

本紙掲載日:2017-09-06
3面
「県成長期待企業」認定を受けた池上鉄工所の松田拓也専務取締役(左から2番目)と修電舎の一瀬秀平専務取締役(同4番目)

産学金労官13機関が集中支援

 県内の産学金労官13機関でつくる県企業成長促進プラットフォームは9月5日、「成長期待企業」に延岡市の池上鉄工所(松田清社長)と修電舎(一瀬直行社長)など新たに6社を認定した。各社は経営サポート、新商品開発や販路開拓支援、設備・運転資金への低利融資などが受けられる。この結果、成長期待企業認定は平成28年度の11社と合わせて17社となった。

 本県は売上高10億円以上企業が700社を割り、九州・沖縄では2番目の少なさ。こうした状況に昨年4月、地域経済のけん引役企業を発掘し、重点的・集中的な支援で所得増や良質な雇用を生み出す大規模企業に育て上げようと、県や県商議所連合会、県工業会、宮崎大、宮崎銀行などが立ち上がった。

 今年度は支援申し込み企業28社のうち19社から認定申請があり、外部専門家らによる審査会で延岡と都城市の各2社、宮崎、日南市の各1社を選んだ。

 溶接部門で全国トップクラスの技術を誇る池上鉄工所は、ITを活用したものづくりで商品力を高めながら売り上げ増とともに、地域経済循環の拡大を目指す。総合エレクトロニクス集団の修電舎は新たに省エネルギー、環境分野へ参入。特許技術によるポータブル水素発電機の開発・事業化で売り上げと雇用の拡大を図る。

 県庁であった認定証交付式で河野知事は「しっかりと前に成長してほしい」と激励した。認定は30年度までに全部で20社程度を予定。また、27年度に「地域中核的企業」として延岡市の2社を認定しており、同様に同プラットフォームで支援する。

 池上鉄工所の松田拓也専務取締役は「これから頑張っていくために欲しかった認定。会社一丸となって次のステップに進んでいきたい」、修電舎の一瀬秀平専務取締役は「本当にうれしい。事業を着実に実行し、雇用の拡大など地域活性化に貢献したい」とさらなる飛躍を誓った。

 交付式に先立ち、28年度認定企業の支援効果について、7社で新規雇用が48人に上ったことなどが報告された。

その他の記事/過去の記事
page-top