【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

早くも「西郷どん」効果

本紙掲載日:2017-09-06
1面
来館者が増加している西郷隆盛宿陣跡資料館。西郷が宿陣で焼いたとされる陸軍大将の軍服レプリカなどが展示されている

西郷隆盛宿陣跡資料館−延岡市北川町

◆昨年の来館者上回る

 延岡市北川町の「西郷隆盛宿陣跡資料館」の今年度の来館者が4千人を超え、既に昨年1年間の実績を上回ったことが5日、分かった。市は、来年放送予定のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」などのPR効果が増加の背景にあるとみている。

 市議会本会議で松本哲也議員(社民党市議団)が質問、穴井誠二教育部長が答えた。

 それによると、4月から8月末までの来館者は4016人。この時点で昨年1年間の3316人を700人上回った。このうち、県外客は海外1人を含む1428人と全体の35%を占め、大分、鹿児島、熊本、福岡の4県からが特に多かったという。

 資料館は平成4年の開館。市は前年度に館内をリニューアルし、入館料を無料化した。さらに、西郷隆盛が宿陣で焼いた陸軍大将の軍服レプリカを制作、8月から展示している。穴井部長は、大河ドラマの放送決定に加え、一連の取り組みによるPR効果を来館者増加の要因に挙げた。

 市によると、9月中には、道の駅北川はゆまなど市内7カ所に資料館を含む西南戦争の史跡を案内する看板を設置するほか、市観光協会が11月にガイド養成講座を実施するという。

 首藤正治市長は「延岡市が大河ドラマの舞台となることに期待を寄せている。しっかりと下準備し、最終的に大きな成果につながるよう努力したい」と述べ、「西郷どん」と食を絡めたツアー企画などに意欲を見せた。

その他の記事/過去の記事
page-top