【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

世界農業遺産ユネスコエコパーク−どう生かす

本紙掲載日:2017-09-04
3面
河野知事と西臼杵3町の首長が意見を交わした「円卓トーク」

円卓トーク−知事、西臼杵3町長と意見交換

 知事と市町村長が地域の課題などについて意見を交わす西臼杵ブロックの「円卓トーク」が8月30日、高千穂町役場であった。河野知事と同町の内倉信吾町長、日之影町の佐藤貢町長、五ケ瀬町の原田俊平町長が出席し、3首長からそれぞれ提示されたコミュニティーバスの利用対策、世界農業遺産・ユネスコエコパークを生かした今後の取り組み、五ケ瀬ハイランドスキー場の利活用策などについて話し合った。

 コミュニティーバスの利用対策について、内倉町長は「利用者が減少している」などとしてその増加策や運行の在り方について意見を求めた。これに対し、知事は「車体や路線の見直しなどの対策を進められているとは思うが、さらに効率よく運行するためのアイデアが必要」などと返答した。

 また、世界農業遺産とユネスコエコパークの登録を生かした取り組みについて、佐藤町長は「二つの世界ブランドを生かす核となるアピールポイントを打ち出し、それを基に独自の取り組みを進めていくことが重要では」と指摘。知事は「世界に発信できる強みを、息の長い戦略を考えなければいけない」とした上で、「世界農業遺産、ユネスコエコパークの発信拠点、ガイドの確保・養成、登山・アクティビティの人気スポットとしての磨き上げ、地域の子供たちへの教育などが必要」との認識を示した。

 原田町長は、五ケ瀬ハイランドスキー場について、「本県のみならず九州の貴重な資源」と強調し、「今年度は初心者対策も進めている。県全体で教育施設としての利活用が進めば、平日の集客対策にもつながる」と利用促進に向けての協力を求めた。

 これらのほか、熊本地震からの観光の復興状況や、空き家対策などについても意見交換した。

 円卓トークは、平成23年度から県内5ブロックごとに毎年開催。今年度は西都・児湯ブロック(西都市、高鍋町、都農町、川南町、新富町、木城町、西米良村)に続いて2回目。

その他の記事/過去の記事
page-top