【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

食の祭典「のべおか国際食卓会議」

本紙掲載日:2017-08-30
1面

11月3、4、5日開催

 食の祭典「のべおか国際食卓会議」が11月3日(前夜祭)、4、5日、延岡市内で開かれる。国内外で活躍する料理人やゲストによる食をテーマにした対談、トークセッション、江戸前鮨(すし)イベント、食に関する映画上映会、延岡の味を楽しむ食べ歩きなどが企画されている。

◆著名すし職人らが集う−対談や食べ歩きイベント

【3日】
前夜祭・食の映画上映会(午後3時から市役所2階講堂。「二郎は鮨の夢を見る」「築地ワンダーランド」、チケット500円)▽延岡の味を楽しむ食べ歩きイベント(午後5時〜午前0時、市内飲食店、チケット10月上旬発売)

【4日】
トークセッション「もったいない精神〜小野二郎(東京「すきやばし次郎」すし職人)について」(午後1時からカルチャープラザのべおか多目的ホール、料理評論家山本益博さん、華道家池坊美佳さん、京都の日本料理「吉兆」料理長徳岡邦夫さん、脳科学者茂木健一郎さんが語る。チケット1000円)▽奇跡の対談「伝統と進化」(同3時から同ハーモニーホール、山本さんをナビゲーターにマッシモ・ボットゥーラさんと小野二郎さんが語る。チケット完売、サテライト会場は無料)▽イベント「パルミジャーノスープ」(午後5時から。延岡市役所レストラン。チケット完売)▽延岡の味を楽しむ食べ歩きイベント(午後5時〜午前0時、市内飲食店、チケット10月上旬発売)▽地産地活マルシェ(午前10時〜午後5時、市役所第1駐車場)

【5日】
江戸前鮨イベント(午前10時、正午、午後2時から各50人限定。市役所2階レストラン、すし職人が延岡の食材で握ったすしを提供する。チケット2000円=9月3日午前10時発売)▽食の映画上映会(午前10時30分からカルチャープラザのべおか多目的ホール「二郎は鮨の夢を見る」「築地ワンダーランド」「noma〜ノーマ世界を変える料理」チケット500円)▽地産地活マルシェ(午前10時〜午後3時、市役所第1駐車場)

チケットの販売は、延岡市役所6階企画課(平日のみ)、延岡総合文化センター(午前9時〜午後6時、火曜休み)、セブンイレブン、チケットぴあ、サークルK・サンクスなど。

◆江戸前鮨イベント

「江戸前鮨イベント」(5日)は、地方で注目を集めるすし職人が、延岡の食材を生かしたすしを握る。

 群馬県館林市の「鮨恵三」の萩原裕司さん、石川県金沢市の「鮨木場谷」の木場谷光洋さん宮崎市の「一心鮨光洋」の木宮一洋さんが2人ずつペアを組み、1人の職人が4貫ずつ握って1人前の8貫を提供する。

◆チケット完売でサテライト会場

 「奇跡の対談〜伝統と進化」(4日)の会場は、カルチャープラザのべおかハーモニーホールだが、チケットが完売したためサテライト会場を多目的ホールに開設する。サテライトの聴講は無料。9月3日午前10時から整理券を配布する。

 奇跡の対談は、イタリアのレストラン「オステリア・フランチェスカーナ」を経営する料理人のマッシモ・ボットゥーラさんと、オバマ前大統領も訪れた東京・銀座で「すきやばし次郎」を経営するミシュラン史上最高齢の三つ星すし職人の小野二郎さん(91)が対談する「のべおか国際食卓会議」のメーンプログラム。

 問い合わせは、延岡市東九州バスク化構想推進室内の「おいしい革命実行委員会事務局」(箟箍22・7003)。

その他の記事/過去の記事
page-top