【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

堂々と思いを語る

本紙掲載日:2017-08-25
8面
壇上で意見を堂々と発表する生徒
市内の各中学校から選ばれた生徒14人が出席

未来を拓く子ども議会−未来への意見発表会

◆中学生の一日議員14人が登壇−日向市

 日向市未来を拓(ひら)く子ども議会・未来への意見発表会は8月22日、市議会本会議場で行われ、市内の各中学校から選ばれた生徒14人が登壇、堂々と思いを語った。

 市の未来を考える子どもを育成しようと、毎年開いている。一日議員に任命された生徒は、市議会事務局から議会の仕組みなどを学び、5分の持ち時間で意見を発表。市側は十屋幸平市長をはじめ幹部職員が出席し、生徒の熱い思いを聞いた。

 財光寺中3年の原悠夏さんは、自然を生かした海上アスレチック、海の家などの建設を提案。「サーフィンをしない人、海にあまり行かない人も興味を持てば、よりたくさんの人が日向を訪れてくれる」と述べた。

 十屋市長は「具体的な提案で、子どもからお年寄りまで海で気持ちよく過ごしてもらいたいという思いが伝わってくる。市でも海に親しんでもらえるよう、環境を生かしたビーチバレーやサッカー開催などを含め、いろんな整備を進めたい」と感想。

 平岩小中8年の甲斐夕葵さんは、いじめ問題を取り上げ、自身が考えた「明るい生活にするために必要なこと」を発表した。「絶対にしない」「受けている人の相談に乗る」「見て見ぬふりをしない」の3点を挙げ、「助けたいのに、いじめる側が怖くて見て見ぬふりをするのはつらい。一歩踏み出す勇気がその人の心の救いになる」と思いを語った。

 十屋市長は「次は自分がいじめられるのではないかと勇気が出ないこともあると思う。勇気を1人ではなく、みんなで出せるような教育を推進していきたい」と話した。

 富島中3年の成合悠仁さんは、中学1年の時に病気で亡くなった友人の話から、命の大切さについて意見発表。「僕が当たり前のように1日を過ごしている中、世の中には1秒でも長く生きたいと思っている人がいる。身近に苦しんでいる人がいたら声を掛け、話を聞いたり力になりたい。毎日この環境で過ごせることに感謝し、空で見守ってくれている友達に恥ずかしくない姿を見せたい」などと誓った。

 今村卓也教育長は、講評で「生き方や考え方などを大きな柱とした、ずっしりと響く発表だった。周りの人の考えを知り、新たな考えを生み出すことは大事。今後もそれぞれが自分をしっかり輝かせる生き方をして、他の13人の発表も今後に生かしてほしい」と話した。

 発表者とテーマは次の通り(登壇順)。

成合秀飛(大王谷学園9)日向市三大祭り▽原悠夏(財光寺3)よりよい日向市の発展を目指して▽新田遥野(同)スポーツを中心とした町づくり▽小林惺南(美々津3)豊かな自然を守るために▽児玉修也(平岩小中8)日向市の自然を守るために▽川合希朱(富島3)認めること▽宮司龍我(美々津3)いじめについて思うこと▽甲斐夕葵(平岩小中8)いじめのない明るい生活にするために▽山元柚夏(大王谷学園9)なくそう世界中から▽藤本梨緒(東郷学園2)いじめについて考える▽坂口真聖(日向3)地球の呼吸▽佐藤悠月(東郷学園2)選挙権が18歳になったことで思うこと▽本田らん(日向3)行動する瞬間(とき)▽成合悠仁(富島3)いのち

その他の記事/過去の記事
page-top