【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ヘラクレスオオカブトに驚き

本紙掲載日:2017-08-24
2面
河野さんが育てたヘラクレスオオカブトに喜ぶ子どもたち

北浦夏休みエンジョイ教室

 小学生の学習や体験活動などを支援する「北浦夏休みエンジョイ教室」が8月23日、延岡市北浦町の北浦公民館と市立図書館北浦分館であり、児童約20人が参加した。市教育委員会北浦分室、北浦地区子ども会育成連絡協議会主催。

 同教室は、25日までの3日間。夏休み期間中を利用して地域の人たちを講師に招き体験活動などを行うことで、「発見する喜び、創造する喜び、やり遂げる喜び」を感じてもらおうと開催。宿題を行った後に、小物作りや木工教室などを行う。

 初日は、世界最大種のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」の国内屈指のブリーダーとして知られる、同町古江の河野博史さん(48)が講話。「ヘラクレスオオカブトの謎を探ろう!」と題して生態などについて語った。

 河野さんは、平成27年に角の先端から羽先までが171ミリの超大物を育てギネス記録に登録された。今年の1月には174・2ミリの成虫が誕生、記録更新が期待されている。

 教室では、実際に河野さんが自宅で飼育しているヘラクレスオオカブトの幼虫や成虫を観察した。河野さんは、自宅に成長に応じて分けられた4部屋の飼育部屋があることや、卵から成虫になるまでの生育の様子などを紹介した。

 実際に大人の手ほどのサイズの幼虫を取り出し、子どもたちに見せると、「気持ちわりー」「うげー」と言いながらも、河野さんの周りに集合。162ミリの成虫を飼育箱から取り出すと「すげー」「でけー」。敬遠していたのが嘘のように、身を乗り出して見入った。

 質問タイムでは、「他のカブトムシは飼育してますか」「名前はありますか」などと興味津々。河野さんはヘラクレス・ヘラクレスという種の専門であるといい、「これからは他の種にも挑戦しようと考えている。北浦から世界に発信したい」と話した。

 北浦小6年の甲斐心春さん(11)は「カブトムシを飼ったことがあるけど、ヘラクレスは大きくてびっくりした。初めて見たけどすごかった」と喜んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top