【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水遊び通し川に親しむ

本紙掲載日:2017-08-22
2面
人気だったリバフェススライダー
水遊びを通して川に親しんだリバーフェスタのべおか
竹の水鉄砲で射的を楽しむ子どもたち

リバーフェスタのべおか

◆親子で夏休みの一日楽しむ

 水辺の遊びを通じてふるさとの川のすばらしさなどを学ぶリバーフェスタのべおかが20日、延岡市松山橋下流の五ケ瀬川であり、親子らが手作りのウオータースライダー(滑り台)や川遊びなどを楽しんだ。同実行委員会(大石剛平実行委員長)主催。

 24回目となる今年は、「きれいな川で気もちいいなずっと思い出にのこる川」(くまた児童クラブ・北川小3年、妹尾美維南さん作)をテーマに開催。当初は6日に予定していたが、台風接近に伴い延期されていた。

 川を仕切って河川プールを特設。参加した子どもたちは救命胴衣を身に着け、あおむけになって静かに手足を広げて浮かぶといった、溺れた時の対処法などを学んだ。

 今年は初めて、「リバフェススライダー」を設置。川岸の斜面に掘った溝に沿ってブルーシートを張り、そこに国土交通省延岡河川国道事務所が緊急内水対策車でくみ上げた川の水を流すという、全長約30メートルのウオータースライダーを完成させた。

 流水の効果で勢いよく滑り落ちることができ、子どもたちはスリルを楽しみながら何度も挑戦。人気を集め、順番待ちの行列ができた。

 ほかに、空のペットボトルを大きな網に詰め込んで浮かべたいかだ遊びや、幼い子どもも楽しめる浅瀬の遊び場、網を使った水生生物採取、昔ながらの竹筒の水鉄砲で遊ぶ射的コーナーなど、さまざまな遊びを提供した。

 開会式では、開催テーマとして募集したスローガンの表彰式を実施。河川敷には軽食販売コーナーや休憩テントも設置され、訪れた家族連れは、のんびりと夏休みの一日を満喫した。

その他の記事/過去の記事
page-top