【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
茶道の魅力を伝える
本紙掲載日:2017-08-21
2面

お点前を披露する若草茶道教室生
自ら作った和菓子を楽しむ参加者

表千家径友会若草茶道教室−延岡

◆和菓子作り、親子で茶道体験

 茶道の魅力を伝える「和菓子作りと親子茶道体験教室」が20日、延岡市社会教育センターであった。文化庁「伝統文化親子教室」の補助事業として、延岡市の表千家径友会若草茶道教室(小田郁子代表)が毎年実施している。

 この日は、市内などから親子連れ60人が参加。日向市の和菓子店「桃乃屋」店主の河野洋一さん指導の下、和菓子作りに挑戦した。

 お題は、間もなく訪れる秋にちなんだ「桔梗(ききょう)」。練り切りを巧みにかたどり、見事な花を完成させていくプロの技に会場からは感嘆の声が上がった。

 河野さんに教わりながら「桔梗」を完成させた佐藤柚乃さん(南小5)柊花さん(2)姉妹と母亜里沙さん(37)は「自己採点は85点くらい」と納得の笑顔を見せた。

 参加者はその後、「お茶会」へ。自らの作品を茶菓子にお茶の接待を受けた。茶道教室生の矢野愛子さん(北川中1)がたてたお茶を楽しんだ妹の路子さん(北川小3)、母久美さん(47)は「お茶もお菓子もとてもおいしくて満足。楽しかった」と話した。

 作法やお茶の楽しみ方などを説明した小田代表は、盛況の一日を喜びながら「これからも続けて茶道の魅力を伝えていければ」と抱負を語った。