【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
下組共同墓地で遷座祭−六地蔵を模刻
本紙掲載日:2017-08-21
2面

しめやかに行われる六地蔵の遷座祭
吉野区下組共同墓地の六地蔵

延岡市吉野区上組共同墓地にも建立へ

 延岡市吉野区上組共同墓地に六地蔵を新たに建立することになり、20日、制作に当たり参考にする同区下組共同墓地に鎮座する六地蔵の遷座祭が行われた。

 「上組共同墓地にも六地蔵を」との区民の声があり、区の総会で新設を決定。制作に当たり、下組六地蔵を石材店に運んで清掃、忠実に模刻し上組共同墓地にも安置する計画。

 六地蔵の魂を抜く遷座祭では、吉野区共有地管理組合(甲斐寿徳組合長)の役員ら約10人が参列、線香を手向け、建立以来の労苦に感謝をささげた。
この六地蔵は天保13(1842)年の建立。「石屋は天下の幸助、儀助」と当時うたわれた、「石工儀助」の作ではないかという。

 制作を担うことになった同市平原町の林田石材(林田広行社長)によると、現在は地蔵などを彫ることのできる職人が全国的に少なく、仏像などは中国からの輸入品に頼るケースが多いとのこと。

 林田社長は「父から地蔵を掘る技術も学んだ。努力して、魂のこもった六地蔵を完成させたい」と決意も新た。

 甲斐組合長は「きれいになって、無事帰ってこられることを願っている。長い間、吉野を見守っていただいたことに感謝したい。上組の六地蔵にも、これからの吉野を見守っていただきたい」と話した。