【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

左中間へ理想の打球−柳田

本紙掲載日:2017-08-17
9面
2回、左中間へ先制二塁打を放つ柳田

第99回全国高校野球選手権大会・サイド

◆「練習はいつか結果に」

 柳田の先制打は、理想の打球だった。「監督さんから『ヒットゾーンは遊撃や二塁の頭上』と言われている。その自分が目標とする打球が打てた」。二回1死二塁。短く持ったバットで弾いた打球はライナーで左中間を破っていった。

 もともと打撃に自信があった。「大きくゆったり」構えて、外野手の頭を越したかった。だが、結果につながらない。宮崎大会の2週間前までは、20人のベンチ入りを争っていた。

 悩みもがいているときに、監督から「バットをこぶし一つ分ほど短く持って」というアドバイス。コンパクトなフォームにして、「それまではトップで動いていたが、最初から作ることで打ちやすい形になり、力が打球にも伝わった」。

 夏直前の練習試合で、両翼100メートルのウルスラ球場で初本塁打。「自分は決めるより、つなぐ打者。ヒーローは3〜5番でいい。後につなぐ打撃で脇役でいい。チームが勝つこと」。それに徹し、宮崎大会でレギュラーを、甲子園で背番号5を勝ち取った。

 甲子園でも素手で短く持ったバットから2本の二塁打。「『打撃は水物』と監督さんは言う。だからこそ、いい時も悪い時も毎日バットを振ること。練習したことはいつか結果に出る。だから欠かさずに振ってほしい」。後輩たちへ、説得力にあふれたアドバイスを残した。

その他の記事/過去の記事
page-top