【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−延岡市学芸員・沖屋雄大さん

本紙掲載日:2017-08-17
2面

 延岡市の学芸員として6年ぶりに採用され、4月から文化課の文化財係として勤務。木城町出身。宮崎の言葉、青い空に触れると「宮崎に帰って来たんだと感じます」と穏やかな口調で話す。

 大分県の別府大学文学部史学科(当時)を卒業と同時に学芸員の資格を取得した。広島大学大学院文学研究科博士課程前期修了。兵庫県立歴史博物館(姫路市)や広島県の呉市海事歴史科学館(愛称・大和ミュージアム)の非常勤や民間企業などで働いた。専門分野は日本中世史で戦国時代の畿内について研究。延岡市では内藤記念館の再整備事業や郷土芸能に関する業務などに関わっている。

 全国、県内でも学芸員は多くない。「私たちは史資料と市民の皆さんの橋渡し役。市民の知りたいという欲求に答えられるよう私自身、延岡の歴史を学びたい」

 「延岡市の歴史についてまだまだ研究の余地があると思う。研究を進めて延岡の魅力を再発見し、どうやって市民の人に分かりやすく伝えていくかを考える学芸員でありたい」と話した。

 県外に住んでいた時は休日に史跡を巡ったりしていた。延岡では自転車で市内を回ったりするという。「よく迷っています」と笑いながら話した。29歳。

その他の記事/過去の記事
page-top