【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

応援団4カ所に分散宿泊

本紙掲載日:2017-08-16
3面
「応援頑張るぞー」とバスの中で気勢を上げる生徒たち
大型複合施設で買い物などを済ませてバスに乗り込む生徒たち

“水入り”で気持ち切り替え

 試合が順延となった15日、聖心ウルスラ学園高校(牧野みどり校長)の応援団は延岡に戻らずに、関西のホテルや旅館に分かれて宿泊。長旅で疲れた心身を癒やし、16日の試合に備えた。

 同校によると、生徒や教職員、一般市民ら約350人は、バス10台に分乗して14日午後8時に延岡を出発。岡山県内を走っていた15日午前6時すぎ、雨天順延の知らせが入った。

 参加者には事前に、天気予報などから雨天中止、順延の可能性もあるとして、学校、ツアー会社から宿泊の用意もするようにとの呼び掛けがあっていた。このため、引き返したいという参加者もなく、すぐに参加者全員の宿泊先を手配。予約が取れて神戸、大阪、京都市、大津市の4市のホテル旅館に分散することになり、到着後にそれぞれチェックインした。

 一行は、「時間ができた」と15日は大阪府吹田市の大型複合施設に立ち寄ってリフレッシュ。駐車場では、対戦相手の聖光学院の応援バスと隣り合わせになる〃ハプニング〃もあったが、終始リラックスした表情で買い物などを楽しんでいた。

 野球部2年の山口太士君は「先輩たちや同級生のおかげで再び甲子園に来ることができてうれしい。グラウンドの選手に元気を与える応援ができるように、僕たちも気持ちを切らさずにやりたい」。

 3年の和田理愛(りな)さんは「延泊になるし、気持ちをつくってきたので雨天順延はショック。今夜ゆっくり過ごして、あしたに向けてみんなで気持ちを高めていきたい」と切り替えていた。

 4番一塁手の矢野偉吹選手と同じ中学の野球部だったという門川高校3年の児島幸輔君は、友達3人と今回初めて応援バスに参加。「道中はみんなとしゃべっているのであまり疲れも感じていない。16日がすごく楽しみ。頑張って勝ってほしい」。牧野校長は「あしたに向けて体調を万全にし、やる気満々で応援に臨みたい」とそれぞれ話していた。

 4カ所に分散宿泊した応援団は8月16日、買い物をした吹田市の大型複合施設で合流、午後1時30分ごろに阪神甲子園球場入り、球場で合流する関係者約千人と一緒になってアルプススタンドに陣取り、応援する。

その他の記事/過去の記事
page-top