【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

親子で力合わせ種まき

本紙掲載日:2017-08-16
2面
照り付ける太陽の下、元気に作業する子どもたち
作業を終えて冷えたトマトを頬張る子どもたち

JA延岡第4回あぐりスクール

 食と農業について親子で楽しく学ぶJA延岡(山本照弘組合長)の平成29年度第4回あぐりスクールが9日、延岡市祝子町のJA延岡地域農業振興支援センターで、市内から12家族28人が参加して行われた。今月5日に予定されていたが、台風5号の接近を考慮して延期されていた。

 この日のテーマは、12月のスクールでシチューを作るために必要なニンジンとブロッコリーの種植え。農産園芸振興課の佐藤彰さんが二つの野菜の生育期間や植え方などを説明。「まくのは簡単ですが、育てるのは大変です」などと話すと、子どもたちは興味深そうに聞き入った。

 直径3〜4ミリほどのニンジンの種を数粒手にした子どもたちは、幅約1メートル、長さ約10メートルの整地された畝に入り、両脇に並んで作業。軟らかい土に指で穴を開け、一粒ずつ埋めては土を掛けた。

 また、ブロッコリーは、あらかじめ土が盛られたタコ焼き器のようなトレーに、ニンジンよりもさらに小さな種を、一粒ずつ落として土をかぶせた。子どもたちは、照り付ける太陽の下で汗を流しながら作業を楽しんだ。

 作業の後は質疑応答もあり、「ブロッコリーの種が二つ入った時はどうすればよいですか」「いつごろ食べられますか」などとの質問が挙がった。

 佐藤さんは「種が二つ入った時は、芽が出た時に大きい方を選んで育てます」「12月の上旬には収穫できます」と回答した。

 作業の後は、冷たい水で冷やした北方産の中玉トマトが振る舞われ、子どもも保護者も一緒になっておいしそうに頬張った。

その他の記事/過去の記事
page-top