【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

冷静に守り、ここぞの一打

本紙掲載日:2017-08-11
9面
【1回戦・聖心ウルスラ学園―早稲田佐賀】最後の打者を三振に仕留めミットを掲げる聖心・赤木

赤木、監督へ初勝利贈る

 「監督さん。初勝利おめでとうございます」―。試合後の宿舎で、小田原監督にウイニングボールを手渡した赤木。ここぞの一打と守備で、甲子園初勝利に導いた。

 選手時代も含め通算4回目の甲子園だった小田原監督。初勝利をプレゼントしたのは、冷静な主将を扇の要に置いたチームだった。

 「とにかく落ち着けと言われていて、その通り、冷静に試合には入れた」。主戦戸郷が絶好調とは言えない中、相手の攻撃も見極めてリードした。

 「データ通り、仕掛けてくるのは2球目」―。一塁に走者を置いてからエンドランなどで仕掛けたい相手。七回にはそこで4連打を浴びるが、1〜3番を二つの三振などで抑える。

 そして、小田原監督が「あそこで刺してくれたのが一番大きかった」と振り返ったのが八回。無死一塁から2球目でエンドランを仕掛けられ打者は空振り。落ち着いて二塁へ送球した結果、二盗を阻止した。

 打っても四回2死三塁から、救援した相手主戦の初球を「監督さんから『膝元に来る』と言われていたので、真っ直ぐを狙った」。飛びついた二塁手のグラブを弾き、中前に運んだ。

 試合後は「戸郷は六、七回に(気持ちが)抜ける面があり、打線も後半に流れをつくる攻撃ができなかった」と苦言を続けた主将。次戦へ「強打と好投手の似たようなチーム。一つのミスが明暗を分けるような試合になると思うが、うちの上位打線はまだまだこんなものじゃない」。勝算はありそうだ。

その他の記事/過去の記事
page-top