【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡道場を新たに開設−極真会館

本紙掲載日:2017-08-03
9面
新たに開設された延岡道場で稽古に励む道場生
極真祭に出場する(左から)新名、石田、馬の3選手

少年ら稽古に汗流す

 国際空手道連盟極真会館の延岡道場が7月7日、新たに開設され、延岡市西小路の猪股接骨院2階道場で少年らが稽古に汗を流している。

 同道場には現在、幼児から小学5年生までが在籍。毎週火、金曜日、突きや蹴りといった基本動作などで気合のこもった練習を続けている。

 道場生の中には、極真会館主催の全国大会「極真祭」(8月19、20日、京都)で行われる組手の全日本少年選手権や全日本型競技選手権に出場する小学生も。両大会に出場する新名寧々花さん(旭2年)は「組手では一本を取り、型では重心を落として切れを良くし、どちらも優勝する」と抱負。少年選手権に出場する石田涼奈さん(恒富3年)は「突きを強く、上段膝蹴りを出して、てっぺんを取る」と話し、馬成良君(緑ケ丘4年)は「悔いが残らないよう、練習を積み重ねて優勝したい」と意気込みを語った。

 都甲俊文指導員は「極真会館の理念である『頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す』を分かりやすくかみ砕いて子供たちに伝えていく。武道空手を通して礼義を身に付けさせ、基本的な生活態度の向上を図りたい」と話す。

 少年や中学生以上の一般のほか、30代以上の壮年女子の道場生も募っているという。都甲指導員は「健康維持でやってみたいという方も歓迎します」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top