【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

私たちがリードします−応援リーダー

本紙掲載日:2017-08-03
3面
振り付けの練習を行う応援団

18人中、女子11人

 応援団というと、学ラン姿の野太い大きな声を響かせる印象が強いが、聖心ウルスラ学園高校の応援団のリーダーは少し違って男子生徒よりも女子生徒の方が多い編成となる。

 創立は昭和30年。女子教育のために設立された。共学になったのは平成14年。女子校の時代が長く、今も男子186人に対し女子225人(同学園併設の聡明中学校高等部生も含む)と女子の方が多い。

 今回のリーダーは野球部員を除く立候補した生徒18人で結成した。メンバーは男子7人、女子11人。副団長の岩切理(あや)さん(3年)は「県予選の準決勝、決勝を見て改めて応援したいと思った」、副団長の西田穂華さん(同)も「身近な人が甲子園に行くことになり、力になりたいと思った」と参加の理由を明かす。

 体育大会でリーダーの経験もある2人は「もっとたくさんの人が応援団に集まるかと思った。想像以上に男子が少なかった」と〃想定外〃の現状を笑って受け入れ、アルプススタンドを埋める生徒、関係者約500人を引っ張っていく覚悟という。

 本格始動して実質2日目の1日の練習では、インターネット上のさまざまな動画を参考に、選手それぞれに当てられた曲の振り付けを考えて決めた。女子を中心に雰囲気はとても明るく、「女子の方が元気がある。頼もしい」と団長の海野亮汰君(3年)。

 本番では熱中症対策で学ランを封印。青が基調のオリジナルTシャツに「聖心」の文字が入った長めの鉢巻きと白の手袋を着用する。岩切さんは「みんなが付いているよ、と選手に届けられるように頑張りたい」、西田さんは「みんなとしっかり動きを合わせ、選手に応援を届けたい」と抱負。

 海野君も「とにかく全力で。人の倍以上声を出す」と意気込む。女子が引っ張り、男子が支えるほかにない爽やかな応援団が、甲子園初勝利を目指すチームを後押しする。

その他の記事/過去の記事
page-top