【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎銀行が農業法人設立

本紙掲載日:2017-08-03
3面
夢逢いファーム設立で記者会見する(左から)原田専務、梅社長、緒方農場長

「夢逢いファーム」アボカドを栽培

 宮崎銀行は2日、農業法人「株式会社夢逢いファーム」を設立した。宮崎市内で国内での栽培が少ないアボカドの生産に着手し、3年後からの出荷を目指す。

 日本の農業は東アジア地域などへの輸出が伸びて将来性は大きいが、後継者不足などの課題も抱えている。同ファームの設立は本県の基幹産業に、同行が主体的に取り組むことで地方創生につなげたいという。同行と宮銀ベンチャーキャピタルが5000万円出資。社長に梅裕一・宮銀保証社長が就任し、農場長として同行から1人が出向する。

 アボカドは約99%がメキシコなどからの輸入品。同ファームは約15アールの農地を確保し、数年前からアボカドの栽培に取り組む同市の農家から技術支援を受けながら生産を開始する。9月にビニールハウスの建設を始め、11月に苗112本を定植。2年間は育成期間で3年後に初出荷し、年間収量は2トン、600万円の売り上げを見込んでいる。

 原田哲二専務は「銀行が培ってきたノウハウやネットワークを生かし、新しいロールモデルをつくっていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top