【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

経営安定支援、県に要望−宮崎牛肥育牛部会

本紙掲載日:2017-08-03
3面
坊薗正恒県畜産新生振興局長(右)に経営安定支援の要請書を手渡す鎌田秀利宮崎牛肥育牛部会長

子牛価格高騰、先行き不安

 県内の264肥育農家でつくる宮崎牛肥育牛部会(鎌田秀利部会長)は8月1日、坊薗正恒県畜産新生推進局長に対し、子牛価格などの高騰で経営が逼迫(ひっぱく)されているとして経営安定のための支援を要望した。

 同部会はこの日、宮崎市のJA・AZM別館で開いた部会長会議で、肉用牛肥育経営安定特別対策事業(マルキン事業)について、粗収益と生産費の価格差補填(ほてん)割合拡充の早期実現▽海外からの輸入に頼っている配合飼料の価格安定基金制度の抜本的な見直し――などを決議。

 会議終了後に要請書を坊薗局長に手渡した鎌田部会長(53)は、「現場の経営努力だけでは改善できないことが多くあるのが現状。いろんな形で助成していただきたい」と訴えた。坊薗局長は「国ともしっかり連携しながら、少しでも農家の不安解消に努めたい」と応じた。

 鎌田部会長らによると、購入した子牛は1年半ほど肥育して出荷するが、その間の餌代などの経費が約50万円かかるという。1頭80万〜90万円台の高値で購入した子牛が秋から冬にかけて出荷の時期を迎えることから、赤字経営に陥らないようこの日の要望活動になった。

その他の記事/過去の記事
page-top