【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聖心ウルスラ高野球部特別後援会が始動

本紙掲載日:2017-07-28
3面
聖心ウルスラ学園高野球部特別後援会の発会式であいさつする事務局長の椎葉さん
聖心ウルスラ学園で行われた県産豚肉贈呈式

甲子園へ−選手は8月3日出発

 第99回全国高校野球選手権大会(8月7日開幕、阪神甲子園球場)に本県代表として出場する延岡市の聖心ウルスラ学園高校野球部の特別後援会が7月27日、発足した。選手が晴れの舞台で伸び伸びとプレーできるようその環境づくりに奔走する。

 特別後援会は、河野俊嗣県知事を名誉会長、首藤正治延岡市長を会長とし、県北各首長や区長連絡協議会など同市内の各団体の代表者、同校関係者ら31人が副会長を務める組織。事務局長は、同校後援会長で野球部員の保護者でもある椎葉哲男さん(55)。事務局は同校内に設置した。

 発会式は27日に同校で行われ、特別後援会役員や同校教職員、保護者ら約40人が出席。牧野みどり校長は「特別後援会ができたことに心から感謝します」とあいさつ。椎葉さんは「温かいご支援、ご協力、ご理解をお願いします。そして試合の時は熱い声援をお願いします」と述べた。

 会長の首藤市長は「選手は市内の出身者が多く地域のチームという印象が強い。市を挙げて応援し、ウルスラ、延岡が全国にとどろけば」と期待。各役員も「全面的にバックアップしたい」「一生懸命後押ししたい」「一丸となって野球部を応援しましょう」などとそれぞれ意気込んだ。

 これを受け、野球部の小田原斉監督は「選手の体調管理をしっかりとし、思いっきりプレーさせたいと思います。ご支援、ご声援をお願いします」と頭を下げた。

 野球部は8月3日に大阪へ移動。抽選会は翌4日に行われ、1回戦の相手が決まる。


◆活躍期待し県産豚肉を贈呈−生産者協議会

 甲子園で活躍してもらおうと、みやざき養豚生産者協議会(日眈併芦馗后砲28日、聖心ウルスラ学園野球部員に10万円相当の県産豚肉商品券を贈った。

 贈呈式は、同協議会が甲子園出場を決めた野球部を後押しするために毎年実施。東臼杵支部の黒木章夫支部長や、養豚生産者の伊東愛二さん(42)=延岡市旭ケ丘=ら3人が同学園を訪れ、牧野みどり校長に目録を手渡した。

 黒木支部長は「豚肉には、ビタミンB1が抱負に含まれており、夏バテ予防に効果がある。たくさん食べて力を付けてほしい」。飼育した豚を提供した伊東さんは「甲子園で思いっきり暴れてもらいたい」と活躍を期待した。

 「県産の物を頂いたことで、選手一人一人が県代表としての意識をさらに高めてもらいたい」と牧野校長。部員や保護者などが集まる栄養会で食べる予定。

その他の記事/過去の記事
page-top