【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

年2回健診を提案

本紙掲載日:2017-07-27
3面

県健康長寿社会づくり会議

◆無関心層対策で意見交換

 医療や福祉関係、事業所などの30団体でつくる「県健康長寿社会づくり推進会議」(会長・河野知事)は7月25日、県庁で開き、健康無関心層への対策などをテーマに意見交換した。医師は企業や大学に対し、若者が健康に目覚めるための仕掛けづくりを求め、健診の年2回実施も提案した。

 県医師会の石川智信常任理事は、不健康な環境に身を置き始める学生を含めた20代男性に特化して言及。不健康な生活が続けば40代後半から50代にかけて重大疾病を発症する危険性が増すと指摘し、「人生の節目の入学時や就職時、結婚時に健診だけでなく、企業であれば病気になった先輩からの話を聞く機会などを設けてほしい」と要望した。

 健診の年2回実施も提案。「問題を指摘された方のほとんどが1回では改善が見られない。2回にすることでより意識の徹底が図られる」と述べた。

 日本健康運動指導士会県支部の川端利彦支部長は、生活の中にいかに効果的な運動を取り入れるかが大事とし、「例えばスーパーに買い物の際に意識して入り口から遠くのスペースに車を止めたり、階段の上り下りに足裏の前半分を使うなどの具体的な勧めを県民に広めることが健康長寿の近道」と強調した。

 会議ではまた、「健康長寿日本一」を掲げるプロジェクトの平成28年度取り組み実績と本年度の事業内容も報告された。

その他の記事/過去の記事
page-top