【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

一人一人が役割全う−富島

本紙掲載日:2017-07-26
9面
【ソフトボール女子決勝リーグ・富島―住吉】五回二、三塁のピンチで捕邪飛をキャッチした添田(左から3番目)をたたえる富島ナイン

第68回県中学校総合体育大会−女子ソフトサイド

◆目標への第一関門クリア

 ソフトボール女子は富島が2連覇。大混戦の決勝リーグで唯一、2勝を挙げた。植野晃監督は「子どもたちが120%の力で戦ってくれた。本当に良くやった」と何度もうなずいて喜んだ。

 負ければ3位の可能性もあった昨秋の県王者との最終戦。選手一人一人がしっかりと自分の役割を全うし、九州大会の切符を獲得した。

 植野監督が「足が速く、塁に出るのが仕事」という2番山田怜佳は0―1で迎えた四回、先頭で打席に入ると「負けたくない」。内野安打をもぎ取り、すかさず二盗。これに敵失が絡み、一気に三塁へ。逆転の突破口を開いた。

 捕手の添田琴は守備でチームを救った。1点リードの五回、2死二、三塁のピンチで左後方に上がった浅いファウルフライに目いっぱい飛びついて捕球。「ずっと練習してきて、目でボールが追えるようになった。投手を支えることができて良かった」とはにかんだ。

 主戦右腕の細川季代華は予選トーナメントから全試合完投。「とにかく捕手の構えた所に投げることだけを考えた。体力的には全然きつくなく、楽しめた」とさらりと言ってのけた。

 チームは「九州大会で2位までに入って全国大会出場」が目標。主将の甲斐しずくは「試合でつらい場面も訪れると思うが、笑顔と声掛けを大事にして、最後まで諦めないプレーで絶対に全中に行く」。まずは第一関門をクリアした。

◇貢献できて良かった−関本奈々葉(六回に左翼線を破るランニング本塁打)
「内角低めの球を芯で捉えることができた。故障で練習できない時期もあってつらかったが、チームに貢献できて良かった。九州大会でもやれることを120%の力でやっていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top