【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−細島税関支署長・北島伸彦さん

本紙掲載日:2017-07-25
2面

 7月1日付で着任した。「われわれの仕事の第一は国民の安心安全を守ること。覚醒剤や薬物、暴力団の資金源になる金塊、テロの関連物資などを水際で阻止することが重要な仕事の一つです。そのためにも国民の皆さんに税関という組織を知っていただき、協力してもらうために、親しみやすい開かれた税関を目指したい」と就任の抱負。

 平成元年4月、門司税関へ入関。主に輸出入貨物の手続きを管理監督する仕事に10年以上携わってきた。前職は九州で2番目に大きなコンテナターミナルのある田野浦出張所(北九州市門司区)の統括審査官。

 宮崎勤務は初めて。「管轄である宮崎市の宮崎空港や日南市の油津出張所にも行きましたが、特に県南は日差しの強さを感じました。皆さん優しく、よそから来た人に対して温かい土地柄ですね。大御神社など歴史ある有名な神社が多く、新しく御朱印帳を作って神社巡りをしたいと思っています」と第一印象。

 仕事に対しては、「何事も前向きに、厳しさを持った上にも楽しくやることを心掛けています」と強調する。

 趣味はスキューバダイビング。「延岡や県南の方にも良い所があると聞いているので、少し落ち着いたら潜ってみたいですね。いろいろな所を見て歩いて、おいしいものを食べながらプライベートも充実させたい」と笑顔。

 福岡市博多区の自宅に妻を残し単身赴任。53歳。

その他の記事/過去の記事
page-top