【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

〃宮崎産〃牛乳甘酒が完成

本紙掲載日:2017-07-25
4面
牛乳甘酒「穂倉千徳」
穂倉千徳の完成を河野知事に報告する関係者ら

千徳酒造が米麹を提供

 千徳酒造(延岡市)が米麹を提供するなど、原材料を〃オール宮崎〃で調達した牛乳甘酒「穂倉千徳」が完成した。販売開始を前に、製造関係者らが21日、県庁で河野知事を表敬訪問して商品をPRした。

 穂倉千徳は、宮崎市近郊の酪農農家が生乳、高原町の農事組合法人はなどうが加工用米、千徳酒造が米麹を調達し、宮崎市の白水舎乳業が製造した。

 白水舎乳業は牛乳から作った甘酒「百白糀」を製造しているが、米麹は県外から仕入れていた。それを千徳酒造が普段の酒造りでも使用する米麹を提供することで、すべて宮崎県産の牛乳甘酒が完成。都成謙三社長は「これ以上ないオール宮崎のチームだ」と自信を見せた。

 甘酒は「飲む点滴」とも言われ、美容や健康に関心のある消費者からは人気があるという。千徳酒造の門田賢士社長は「アルコールが入っていないので、子どもから大人まで親しめる。味もすっきりして飲みやすく、いいものができた」と手応え。1本150ミリリットルで350円。千徳酒造の「はなかぐら館」で販売している。問い合わせは千徳酒造(電話延岡32・2024)。

その他の記事/過去の記事
page-top