【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

足摺岬−日向灘沖、DONET整備を

本紙掲載日:2017-07-25
1面

南海トラフ巨大地震対策

◆香川大・金田特任教授、必要性指摘

 南海トラフ巨大地震対策九州ブロック協議会は7月24日、県庁であった。海洋研究開発機構の上席研究員で海底への地震・津波観測監視システム「DONET(ドゥーネット)」の開発責任者でもある金田義行香川大学特任教授が講演し、高知県足摺岬から日向灘沖へのDONET整備の必要性を指摘した。

 県の津波浸水想定によると、マグニチュード9クラスの地震が発生した場合、最悪で総人口の4分の1近くの犠牲者を出すとされた日向市は最大津波高が15メートルに達し、最短到達時間は17分。中心市街地のほぼ全域が歩行避難が難しいとされる水深30センチ以上浸水する。

 DONETは微弱から大きな揺れまであらゆるタイプの地震動を確実に捉え、「何分後にどこから津波が来るかが分かり、リアルタイムでより精度の高い津波浸水予測が可能」(金田教授)といい、整備は早めの避難行動、ひいては人的被害軽減につながるものと期待される。

 南海トラフ沿いでは既に和歌山から三重県にかけての熊野灘沖や高知県の室戸岬沖に整備済み。文部科学省は今後、足摺岬沖から日向灘沖にかけても整備の方針を固め、新年度の予算化を目指す。これを受け、本県など太平洋沿岸の10県知事は先ごろ、早期整備を要望している。

 DONETの必要性を検討する文科省のワーキンググループの一員でもある金田教授は「南海トラフ巨大地震の切迫度は高まっている。200億円ぐらいが必要と見込まれるが、5〜6年かけて段階的に整備する方法がいいのではないか」との考えを示した。

 この日は福岡、大分を除く九州・沖縄の6県をはじめ、国交省や気象庁、防衛省などから約50人が出席した。


その他の記事/過去の記事
page-top