【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

廃油ろうそく作りなど学ぶ

本紙掲載日:2017-07-22
2面
廃油でろうそくを作る過程を見る児童

南方小で「環境教室」−延岡

 延岡市の南方小学校(衣笠高広校長、690人)は19日、総合的な学習の時間「のたんこ学習」を使って恒例の「環境教室」を開いた。

 6年生121人が「子どもエコクラブ」「廃油でろうそく作り」「ごみ問題の実態を考えるツアー」「五ケ瀬川の生き物を調べよう」の四つに分かれて学んだ。

 「廃油でろうそく作り」の授業では、同市地域婦人連絡協議会の会員から、廃油とクレヨンを混ぜた色とりどりのろうそくを作る方法やジャムなどの空き瓶を使って小物入れを作る方法を学んだ。新聞紙からスリッパを作る方法の紹介もあった。

 「子どもエコクラブ」では、延岡保健所の職員10人が、土壌を酸性化し、生態系に悪影響を与える酸性雨や地球温暖化について説明した。自動車の排出ガスを溶かした水にBTB試薬を入れると黄色に変化し酸性を表した。同保健所職員の田中智博さん(47)は「この授業をきっかけに、少しでも環境に意識を傾けてくれればありがたい」と話した。

 吉本小桜さん(6年)は「かわいい小物入れや廃油を使ったろうそく作りは楽しかった。学んだことを生かして、家でも作ってみたい」と話していた。

 「五ケ瀬川の生き物を調べよう」では、同市天下町の天下橋付近の河川敷で、透視度計を使って水質を調べたり、きれいな水質の指標となる生き物を探したりした。「ごみ問題ツアー」では、同市長浜町の清掃工場を見学し、方財海岸の漂着ごみを調べた。

 同校は、20年前から環境教室に取り組んでおり、平成27年に県地域環境保全功労者として表彰されている。

その他の記事/過去の記事
page-top