【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「いのちの営み、次世代へ」第2部(5)

本紙掲載日:2017-07-21
1面
食害に遭いやすいヒノキに空き缶をつるすなど自作の有害獣対策を試す甲斐さん

祖母、傾、大崩ユネスコエコパーク登録

◆有害獣と終わりなき攻防−深刻な後継者不足

□週末農業

 国道218号北方延岡道路を下り、延岡市北方町曽木から板下地区へ。県道沿いの田畑には野生動物の侵入を防ぐ金網や電気柵、ネットが張り巡らされている。中山間地域では当たり前になった風景だ。

 「対策が追いつかず、被害甚大」。そう話すのは同市大貫町の会社役員甲斐初幸さん(61)。平日は会社、週末は出身地の板下地区で農業を営む生活をもう何年も続ける。「山や古里を守ることを意識し始めたのは15、16年前。山が荒れると市街地も荒れる。山は自分の代だけのものではないから」

 独り暮らしの父・静夫さん(86)を手伝い、米や飼料用のトウモロコシ、牧草などを栽培する。山には杉、ヒノキ、クリを植栽しているが、中でも野生動物の被害が多いのはヒノキだ。

 「鹿は木の皮をはがして食べる。すると水分や養分が幹に上がらず、立ち枯れてしまうこともある。ヒノキは自分たちの代で苗木を植え、子や孫の世代でようやく材木になる。それが若木のうちに傷つけられては、長年の苦労が水の泡になる」

 昨年9月、認定事業者に依頼して10頭近くの鹿とイノシシを駆除した。「それなりに効果はあったが、鹿は数が多く、次から次にやってくる」。2年ほど前には田んぼの周りに防護柵を設置した。今年は集落の農家から書類を取りまとめ、畑周りにも設置する申請書を市に提出するなど野生動物との攻防は終わりが見えない。

 後継者不足も深刻化している。北方総合支所によると、北方町内の高齢化率は42%(4月1日現在)。39世帯81人が暮らす板下地区は同49%とほぼ2人に1人が65歳以上となり、14歳以下の子どもは1人もいないのが実情だ。

 過疎・高齢化は、祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの対象地域にあたる6市町共通の課題。地域全体の高齢化率は約4割に達し、祖母傾山系の近くでは8割に達する地域もある。そこに野生動物の被害が追い打ちをかけ、耕作放棄地の増加など持続的な地域社会の発展に暗い影を落としている。

 自然と人間の共生がなければ成立しないユネスコエコパーク。町内に住む長女夫婦が手伝うなど「後継者にめどが付いた」という甲斐さんだが、これからも「週末農業」は続けていくつもりだ。

 「ユネスコエコパーク登録が果たしてうれしいものなのか、個々でとらえ方は違うと思う。ただ、こういう形で世界に認められた以上、子や孫の世代を通じて自然を守っていかなければならない。自然あっての、地域あっての人間だから」

その他の記事/過去の記事
page-top