【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

潔く「相手が上」そして感謝−高千穂

本紙掲載日:2017-07-20
9面
【準々決勝・高千穂―日向学院】コールドが決まり整列する高千穂の岡(右)と馬原
試合後、保護者、指導者と握手を交わす

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆けん引してきたバッテリー

 攻守で高千穂を引っ張ってきた主将の岡莉久と副主将の馬原。敗戦の瞬間、ぼう然と相手スタンドを見詰めた。「相手が上だった」―。潔く認めて、仲間や保護者、指導者への感謝の言葉を続けた。

 岡は熊本市の出身。中学時代の先輩が高千穂に所属した縁で、当初志望していた地元の私学を断って、県境を越えた。「最初は勉強が思ったより大変で、寮での洗濯や掃除もあり、少し後悔した」という。

 だが、学年も上がるにつれて徐々に順応。地元高千穂中出身の馬原とともに2年時からチームの中心を担った。

 「熊本弁は強く感じられることもあって」と岡。練習でも試合でも2人が引っ張った。だが、それが強すぎて、試合前から仲間を落ち込ませてしまうこともあったという。

 「先生から『2人が明るくすると、みんなの雰囲気も良くなる』と言われ、試合の時は前向きな言葉をかけるように。そして、練習でも(仲間が)言い返してくれるようになった」

 全部がプラスになって、秋の準優勝と九州大会。そして、この夏は43年ぶりのベスト8。宮崎の高校野球に、西臼杵の町にさわやかな新風を吹かせた。

 「保護者の方が率先して声を出して、応援してくれるのは高千穂ぐらい。その中で野球をできたことは大きな財産」と岡。馬原も「1、2年生には感謝しかないし、保護者の方がいるスタンドを見ると安心できた。何度も救われた」。

 すべてが終わって保護者からは「43年ぶりのベスト8。胸を張って高千穂に帰るぞ」―。最後まで地域の大きな愛に支えられて、巣立っていく。


◆監督を甲子園へ

 試合後、保護者らと握手を交わした高千穂の3年生。「7人の3年生のうち4人はけがも多く、それでもよく頑張ってくれた。どこかで必ず出してあげたかったし、せめて甲子園に連れて行きたかった」とわびた戸高監督と最後に握手を交わし、泣き崩れた。

 ベンチから声を出し続けた4人。背番号10の河野翼は秋の準優勝で「ベンチワークの大切さ」を再確認したという。この日も「必ず打ってくれると、最後まで諦めずに期待していた」。

 夢はかなわなかったが、「いい仲間、いいライバルと出会えて、自分も成長できた」。3番三塁手の佐藤智哉は「3回戦までチームとしていい雰囲気で戦えたが、最後は相手にのまれ、何もできず悔しい。だが、いい先生に出会えて信じていけば絶対に結果が出ると思えた。(後輩に)戸眄萓犬鮃短勹爐墨△譴胴圓辰討曚靴ぁ廚抜蠅い鮖弔靴拭

 山口博範校長は「秋の準優勝も夏の8強も3年生が引っ張ってくれた結果。地元の選手たちでやれると証明してくれたので、次はこれを知っている1、2年生がやってくれる」とたたえ、期待した。


◇諦めず声、学んだ−工藤泰(先発した2年生)
「二回以降に流れを切ることができていれば。打撃でも(ポイントが)近くなって振れなかった。試合に出た2年生が多いので、この悔しさをもって一日の練習を大切にしていきたい。3年生からはどんな状況でも諦めず、苦しい状況でも声を出し続けることを学んだ」

その他の記事/過去の記事
page-top