【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎銀行日向支店椎葉出張所がオープン

本紙掲載日:2017-07-18
3面
営業を開始した宮崎銀行日向支店・椎葉出張所
テープカットする平野頭取=左から3人目=ら

地銀では全国初、上椎葉郵便局にATM

 宮崎銀行(平野亘也頭取)日向支店(日向市本町)の新店舗「日向支店・椎葉出張所」が完成し、7月18日移転オープンセレモニーが行われた。多くの来賓や行員が見守る中、テープカットで新たなスタートを祝った。支店南側に昨年6月から建設を進めてきたもので、旧店舗はこれから解体する。

 冒頭、平野頭取は「人に優しく温もりのある店舗をコンセプトに耳川流域のスギをふんだんに使い、バリアフリーのデザインを取り入れた従来以上に使いやすい店舗となっており、どうぞご利用のほどをお願いします」とあいさつ。来賓を代表して十屋幸平市長は「新店舗が市民に愛され多くの方に利用され、中心市街地の活性化に寄与するとともに、地元に密着した銀行として地域経済の活性化に大いに貢献くださることを期待しています」と祝辞を述べた。

 日向市駅周辺地区土地区画整理事業に伴う新築移転。延べ床面積は1264平方メートル。鉄筋コンクリート造り2階建てで、耳川産スギをふんだんに使った人、環境に優しい温かみのある空間とともに、バリアフリーデザインを取り入れた快適で安心して利用できる環境を整えた。

 1階は窓口およびATMコーナー(4台設置)。2階は「みやざき住まいのプラザ日向」および融資相談窓口。ゆったりとした相談スペースを備え、キッズコーナーを新設。個室スペースの多目的トイレ(オストメイト対応設備・おむつ替えシートなど)も設けた。屋上には店内の約1割の電力を補うことができる太陽光発電パネルを設置した。

 旧店舗の解体工事は22日からで、駐車場を整備する計画で従来より3台多い28台分のスペースを確保する。

 また、7月14日で椎葉村内での営業を終了した椎葉出張所が支店内に移転し、営業を再開した。同行では日本郵便と連携して同村の上椎葉郵便局内に現金自動預払機(ATM)1台を設置して利便性を確保した。郵便局内に地方銀行のATMが設置されるのは全国初。

 吉田秀朗日向支店長兼椎葉出張所長は「市の中心地にリニューアルオープンさせていただき、さらにお客さまのお役に立てる店舗づくりを進めていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top