【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

すべてを背負った主将の意地−日向

本紙掲載日:2017-07-17
9面
【2回戦・日向―都城農】力投する日向・川口

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆川口は自責2の力投

 2回戦で1点が届かなかった日向。「負けたけど、最後にみんなでいいプレーができた」。大黒柱・田中の表情は晴れ晴れとしたものに近かった。

 3点を追う八回。日向は、8番からつなぐ。2死二、三塁となり3番の星竜也は粘って四球を選びガッツポーズ。それを見た4番の田中は「緊張はあったが、自分が硬くなったら、ベンチも硬くなる。そしてあれを見て、打つしかないと思えた」。すべてを背負ってきた主将が意地の中前2点打を放った。

 秋は黒木航基を主戦に、粘り強い戦いぶりで聖心を下すなど8強入り。しかし、冬を越え、黒木が調子を崩したまま夏を迎えた。

 「航基を思い切り投げさせてあげたかった。自分がもっとどうにかしてあげていれば」と田中。一方で川口が力を付け、戦える態勢は整って黒木の復調を待つだけに近かった。

 初戦を打ち勝ち2回戦は、春8強の都城農に対し、川口が右サイドから切れのいい投球。「本当にいい球が来ていた」という田中の内角を突く配球もさえた。三、八回と失策が失点に絡んだのは惜しかったが、自責点2の力投を見せた。

 148球を投げ切った川口は「完封するつもりだったが、無駄な四球が点に絡み、エラーをカバーし切れなかった。自分の力不足。だが最後、自分に託してくれた先生、保護者、チームメートに感謝したい」。黒木航は「今まで一緒に頑張ってきた龍二が、自分の気持ちも背負って、投げ切ってくれた」と思いやった。

 田中は「(シーズンを通し)2人ともいい投球をしてくれた。2人の捕手をできて良かった」とたたえ、後輩たちへ「軸になる選手はいるから、自信を持って、思い切ってやってほしい」。7人で奮闘した代が終わった。


◇夢見られたいいチーム−本薗義秀監督
「よく我慢し、1点差まで持って行ってくれた。(田中の)最後の1打も今まであいつがやってきたから。マネジャーも含め9人の3年生がよく頑張り、ここで勝負できるまでよく成長した。いい夢を見られた、いいチームだった。次の財産になる」

◇一つでも残せるように−戸田勝也(1安打の遊撃手)
「自分の失策から相手に流れを渡してしまい申し訳ない。後輩たちに何も残してやれなかったから、後輩たちは何か一つでも残せるよう頑張ってほしい」

◇粘れば甘く来ると−山口未(2安打1打点の2年生)
「初回から相手投手が疲れていると思ったから、球数を稼ぎ、粘れて甘く来ると思っていた。夏はほかの大会と入りから緊張感が違った。日ごろの生活やごみ拾いなどから、プレーにつなげていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top