【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂、劇的逆転勝ち−聖心、連続コールド

本紙掲載日:2017-07-15
9面

第99回全国高校野球選手権宮崎大会

◆富島、星雲は敗れる

 第99回全国高校野球選手権宮崎大会は14日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで2回戦6試合があり、高千穂は劇的な逆転勝ち、聖心ウルスラ学園が2試合連続コールド勝ちでそれぞれ3回戦へ進んだ。延岡星雲と富島は敗れた。

 高千穂は7―2で佐土原を破った。工藤泰治、馬原希琉の2投手は安打は許しながら2失点で九回へ。打ちあぐねていた打線は馬原、佐藤智哉の連打から岡莉久、川真翔、工藤泰、さらに馬原の適時打が飛び出して一気に大きく逆転した。

 聖心は12―3で富島との県北対決を制した。17安打10点でコールド勝ちした初戦に続き打線が好調。増田崇志が本塁打を含む3安打、宮原倭大が3安打で3打点を挙げるなど8選手で16安打、12点。先発の宮原は五回2失点でまとめた。

 富島は初回に日眦炸、中丸与志哉が好機をつくり、川添大空の右前打で2点を先制。しかし、以降は聖心の猛攻を止められなかった。

 延岡星雲は日向学院に2―10で七回コールド負けを喫した。先発の上村浩太郎が二、三回を0点に。打線も四回に矢野寛仁の安打などから畦原卯広の中犠飛で1点を返すなどしたが、相手の集中打を浴びてしまった。

◆14日の試合

【サンマリンスタジアム】
▽2回戦・第1試合
高千穂 000010006−7
佐土原 000011000−2
(高)工藤泰、馬原―岡。(佐)塩見、岡村、塩見―津路。
▽三塁打=工藤泰(高)。塩見、金丸(佐)。▽二塁打=岡(高)。
[評]高千穂は先発の工藤泰、救援の馬原が粘り強く投げ2失点。打線は五回に平川聖のエンドランなどで1点。1点を追う最終回は馬原、佐藤の連打から岡の左越え二塁打、川の中前打で逆転。工藤泰の右フェンス直撃三塁打も出て逆転勝ちした。

▽2回戦・第2試合
延岡星雲 0001010− 2
日向学院 300403×−10(七回コールド)
(星)上村、寺原、藤波、北林―畦原。(日)吉田―安楽。
▽二塁打=長嶺、松元、安楽、吉田(日)。
[評]延岡星雲は初回、守りのミスもあり3失点。二、三回を上村が良く抑え、四回。柳田の犠打と矢野寛の左前打などから畦原の中犠飛で1点。六回も畦原の左前打などで1点を返すなどいい当たりも増え始めたが、失点が多すぎた。

▽2回戦・第3試合
富 島 2000010− 3
聖 心 204141×−12(七回コールド)
(富)黒木、濱村、甲斐康裕、安藤―甲斐康平、黒田。(聖)宮原、林田、上村―赤木、河野。
▽本塁打=増田(聖)。▽三塁打=増田、園田、宮原(聖)。▽二塁打=山下(富)。請関、矢野(聖)。
[評]聖心は初回に増田、園田の連続三塁打などですぐに同点。以降は先発8人が16安打で増田の本塁打など長打も6本。先発の宮原は五回2失点と好投した。富島は初回、1、2番が出塁し走塁で重圧を掛けて、川添の右前打で2点。理想通りに先制したが、聖心の猛攻を止められなかった。

◇その他14日の試合結果
【アイビースタジアム】
▽2回戦・第1試合
妻    000100010−2
宮崎日大 00200040×−6
(妻)井上、釋迦郡―甲斐暁。(宮)小幡、日癲益留、伊藤―坂木。
▽三塁打=釋迦郡(妻)。淵ノ上(宮)。▽二塁打=伊藤(宮)。

▽同・第2試合
日 南  0000001−1
宮崎学園 004040×−8(七回コールド)
(日)森岡、荒武―近藤。(宮)源、山下―黒木、佐藤。
▽二塁打=野村2(宮)。

▽同・第3試合
大 宮  0000110042−8
宮崎北  0202100010−6(延長十回)
(大)川野、多田―蓑毛、清水。(北)松林、中原、大城―児玉。
▽三塁打=大城、今村(北)。▽二塁打=丸田(大)。大城、佐藤(北)。


◆日向、2回戦突破ならず

 第99回全国高校野球選手権宮崎大会は7月15日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで2回戦が行われ、アイビースタジアムの第1試合は日向が都城農に3―4で敗れた。

【アイビースタジアム】
▽2回戦・第1試合
都城農 002000020−4
日 向 001000020−3

その他の記事/過去の記事
page-top