【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ビジネス交流に期待感

本紙掲載日:2017-07-15
1面
旭化成展示センターを見学するミャンマーの地方政府、工業省関係者らの一行

ミャンマー地方政府高官らが来延

 延岡市と交流が進むミャンマーの地方政府高官らが13、14日、同市を訪れ、旭化成や延岡鉄工団地の視察を通してビジネス面での交流発展に期待感を示した。

 一行は、ミャンマー南東部・モン州のエイザン主席大臣や工業省のコーコールウィン事務次官、国際協力機構(JICA)プロジェクト専門家ら12人。日本の中小企業庁や支援機関などの訪問に合わせて来延した。

 14日は旭化成ベンベルグ工場を訪れ、棉(わた)の実から採れるコットンリンターを主原料とした糸「ベンベルグ」などの製造過程を見学。旭化成展示センターでは、グループの製品を通して世界最先端の工業技術を目の当たりにした。

 コーコールウィン事務次官は、同市の印象について「工業、農業を両立し、川を汚さないよう配慮しながら産業の発展につなげていることが勉強になった」と感想。同国が力を入れる繊維や食品加工などの分野を挙げて「今後のビジネス交流に期待したい」と述べた。

 前日夜にホテルメリージュ延岡で開かれた歓迎レセプションには、延岡・ミャンマー友好会(会長・清本英男延岡商工会議所会頭)の会員や市、企業関係者ら約70人が出席。清本会長は「交流の輪が広がり、ミャンマーと延岡市の人材、技術の交流発展につながればと思う」とあいさつした。

 モン州のエイザン主席大臣は、ゴムや果物栽培が盛んで観光地としても知られる同州を紹介しながら「ぜひ一度来てほしい」と〃トップセールス〃。同州への企業進出や投資、貿易展示会への参加を呼び掛けた。

 延岡市とミャンマーは、平成26年1月に同市の企業経営者が同国を訪ねたのを機に交流が始まった。昨年11月、ミャンマー第2の都市マンダレーに双方の交流拠点「ノベオカフェ」がオープン。今年2月には商業省事務次官らが延岡市を訪れている。

その他の記事/過去の記事
page-top