【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

投打かみ合い会心の勝利−延岡工

本紙掲載日:2017-07-14
9面
【2回戦・延岡工―都城東】延岡工は4回、二死から中村(手前)の右中間二塁打で三走矢野が生還

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆「大きく次につながる」

 延岡工の投打ががっちりとかみあって都城東に会心の勝利。3安打2打点の矢野は「夏は雰囲気が違ったが、その中でいい形で先制し、投手が頑張ってくれた。大きく次につながる」。一気に視界が広がった。

 先発の主戦緒方は「速球が走り、スライダーが切れて、カーブも効果的に使えた」。機動力を使いたい相手に対し、一、二回に捕手の中村龍星が二盗を阻止。バッテリーが序盤で流れをつくった。

 四回の攻撃は矢野から。「初回にバントを失敗していたから、何としても自分で打つと打席に入った」。内野安打で出ると、山室和輝、長友達哉の進塁で2死三塁とする。

 5番はスタメン唯一の2年生でもある中村。「相手はあまり得意ではない左投手。対策で、左腕の汐川(航志郎投手)さんが投げてくれた。その成果でしっかりボールを見て、逆方向という意識通りに打てた」。右中間を破って先制した。

 五回は宮井哲平の右越え二塁打から甲斐賢太が中前打でつなぎ、矢野が借りをプラスに変える中二塁打で2点。以降も長打に四球、犠打、犠飛を絡める着実な攻撃で1点ずつ。結局、第6シードに一度も主導権を譲らなかった。

 中村は「(緒方は)外角の切れのある変化球が有効でリードしやすかった。確実に勢いが出たので、このまま一戦必勝で甲子園に行きたい」。緒方も「次もきょうのような投球を続けていくこと」と、気を良く5日後の3回戦を見据えた。


◇次も1点ずつ−蓑尾貴司監督
「シード校にチャレンジャーとして臨んだ。バント、エンドランをしっかりと決められて、2死からも得点できた。緒方は好調だったが、その通りに成長したところも見せてくれた。次も1点ずつコツコツと取っていきたい」

◇ほっとしている−長友(二塁打と7回に右犠飛)
「先頭打者としての仕事がしっかりできたのでほっとしている。次の試合もつなぐ意識で攻撃に臨みたい。その中で、持ち味である長打がでるように力まずに自分の打撃をしていきたい」

◇都商にリベンジを−山室(主将・二犠打)
「1、2番の出塁率が高いので、ランナーを進める打撃を心掛けた。次の試合も、sきょうのように挑戦者の気持ちで勝負したい。そして、秋の大会で負けた都商に必ずリベンジする」

その他の記事/過去の記事
page-top