【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

負傷した支柱の橋本に「いい報告したかった」−延岡

本紙掲載日:2017-07-14
9面
【2回戦・延岡―延岡学園】ピンチにマウンドに集まる延岡の選手たち。一番左が橋本

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

 思いどおりの展開に持ち込んだが、最後は第1シードの底力に押し切られた延岡。萱野浩介監督は「失点も1点ずつ。うちの野球は最後までやり切れた。結果はベンチの責任」。涙も出し切った選手たちは「(橋本)敦也にいい報告をしたかった」。負傷退場した三塁手を思い、また涙が止まらなくなった。

 初戦から県選手権県北予選で惜敗した延岡学園と対戦。相手の速球に力負けした反省から、対策は十分に。そのときも好投した青木が「制球と緩急」―。こちらはその自信を生かして、注文通り打たせて取ってリズムをつくった。

 打線も思い切りよく速球を狙い打ち。クリーンアップを中心にはじき返して三回までに3点をリードした。

 アクシデントは五回裏の守り。2死からファウルの飛球をフェンス際まで追った橋本が、足を裂傷。退場を余儀なくされた。

 「延高は努力のチーム。その中でも橋本は一番努力をした周囲の信頼が最も厚い選手」と青木。相手の重圧を、一丸の必死で跳ね返す中、精神的な支柱を欠いた。

 青木は「敦也が最後までサードにいてくれたら」とまで。2安打を放った辻も「ぎりぎりまで追いかけている姿はさすがだと思い、それであいつの分までと最後まで戦えた。だけど、みんなでいい報告ができれば一番よかった」と悔やみ続けていた。


◇勝ちたかった−馬場瑞樹(延岡のマウンドを守り続けたエース)
「光太郎がいい流れで来てくれて、1点もやらないと思って上がったが。勝ちたかった。みんなで『勝つ』という強い気持ちで努力し、守備も打撃も良くなった。延高に来て良かった」

◇この悔しさは後輩に−岩本武士(主将。2投手を懸命にリード)
「準備し、狙っていた通りの展開に持ち込めたが。速球に負けないようにと対策し、しっかり振りにいけたが、あと一本を打てていたら。練習から夏の打席と思って緊張感を持ってできれば、最後の1点が取れる。この悔しさは後輩に託したい」

その他の記事/過去の記事
page-top