【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

根拠ありの「後半勝負」−延岡学園

本紙掲載日:2017-07-14
9面
【2回戦・延岡学園―延岡】9回、サヨナラの押し出し死球に喜ぶ延岡学園・小迫雄

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆自信と選手層で〃まさか〃回避

 三回まで3点のビハインドを負った延岡学園。夏初戦のグラウンドならではの硬さ、焦りも見え始めたが「我慢」「後半勝負」―。第1シードのベンチで飛んでいた声には根拠があった。

 直前の県選手権で4試合を逆転するなど、すべて接戦を制し優勝。その自信と、最後までベンチ入りの20人の選出が難航したほどの選手層が〃まさか〃を回避させた。

 序盤は野手のミスも出て自責0で3失点。投球間の捕手からの返球が二度も逸れるなど明らかに硬かった。打線も県選手権県北予選で苦しんだ相手投手の術中にはまりつつあった。

 まず流れを止めたのは、県選手権Vの立役者山田。「監督から言われていたので、初回から準備はできていた。緊張もあったが、自分のボールを信じて投げられた」。四、五回はピンチも迎えたが、動じず。後半はほぼ完ぺきに抑え込んだ。

 後半には適材適所の選手交代。堅実に守れる双子の内野手・小迫雄隆と外野手の小迫隆敬。俊足光る外野手の梅木大輔に柳川昇嬉。そして、本来は投手ながら代打の切り札に台頭してきた萱野心希。それぞれが役割を果たし、最後は小迫雄の押し出し死球で、次への切符をもぎとった。

 小迫雄は「最後は気持ちで向かっていった結果。先発は椿原でも、いつもいける準備はしていて、出たら守備で引っ張っていく。次もしっかり勝つための準備をして、スタンドも含め全員で取りにいきたい」。重本浩司監督は「打撃は少しの修正が必要で、守りのミスも課題。だが、それができる選手たち」。全員の気持ちを一つにしうる勝利になった。

◇そしてチームで勝つ−萱野(1点を追う七回無死二塁、代打で左前打)
「次につなぐことだけだった。次もチームとしてやることは変わらず、やるべきことをやるだけ。自分はまたああいう場面で出たら、しっかりとつなぐこと。そしてチームで勝つ」

◇後ろにしっかりつなぐ−工藤魁人(2安打の4番)
「緊張はあったが、ベンチから『我慢』という声が出て、最後勝ちにいけて良かった。自分のことよりチームの結果で、4番として後ろにいる好打者にしっかりつなぐ仕事をしたい」

◇藤谷さん終わらせない−三藤(犠飛に2安打で2得点)
「これで藤谷さんを終わらせるわけにはいかなかった。いつも自分たちで話している『我慢して』というカラーを出せた。目の前の試合を勝ち続けるだけ」

◇全員で一球に−戸高洋希(9番。七回に同点犠飛。九回は1死一塁から右線二塁打)
「まだ初戦だが、この勢いのまま次にいきたい。3年生に迷惑をかけたくないという思いで、自分は上位につなぐだけ。全員で一球にがむしゃらにやっていきたい」

その他の記事/過去の記事
page-top