【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「たくさんの命つないで」

本紙掲載日:2017-07-13
2面
「元気に生きろ―!」と声を掛け耳川に放流する児童

アユやウナギなど放流−美々津小の2、3年生

 日向市美々津小学校(倉爪洋一校長)の2、3年生が11日、美々津港の岸壁から耳川にアユやウナギを放流した。

 耳川の一部と石並川を管理する美幸内水面漁業協同組合(黒木隆太組合長)の放流事業の一環。毎年、同小の児童に河川の環境保全や命の大切さを学んでもらおうと、夏休みを前に実施している。

 この日はアユ60キロ、ウナギ195キロ、モクズガ二70キロを用意。児童はビニールプール内のアユやウナギを触ったり捕まえたりして触れ合い、最後は魚網ですくってバケツに入れ「元気に生きろー!」と声を掛けて耳川の河口に放った。

 3年生の敷田健瑠(たける)君は「アユはざらざらしていて、ウナギはぬるぬるで、カニははさみがあって捕まえにくかった。元気に卵を産んでたくさんの命をつないでほしい」。

 黒木組合長は「川は汚れて生き物がすみづらくなっている。子どもたちには取り組みを通して環境を守る大切さを改めて知ってほしい」と話した。

 同漁協はこの日、石並川にもウナギ30キロ、モクズガニ65キロを放流した。

その他の記事/過去の記事
page-top