【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

西階中2年生が本社で職場体験

本紙掲載日:2017-07-12
6面
東さんにインタビューする工藤君と辰さん

12歳の環境アンバサダーを取材

◆地球の未来のために

 夕刊デイリー新聞社で職場体験学習中の延岡市西階中学校2年の工藤大輝君と辰美樺さんが11日、同市南中学校(谷口史子校長)のキャリア教育を取材しました。

 2人が取材したのは、アフリカ・ザンビア在住で延岡市出身の東美來さん(12)が1年生121人を対象に行った地球温暖化についての講話。東さんは、国連環境計画(UNEP)と強い協力関係にある子ども主体の「プラント・フォー・ザ・プラネット」(本部・ドイツ)という植樹活動を行う非政府組織に所属し、環境アンバサダーの一人として活躍しています。2人の記事を紹介します。


◆東未來さん
 
 2005年、延岡市生まれ。父親の仕事の関係で生後約1カ月でエチオピアへ。以来、世界を転々とし現在6カ国目のザンビアに住む。

 プラント・フォー・ザ・プラネットの活動を始めたのは2014年、アメリカに住んでいた9歳のころ。アンバサダートレーニングが近くで開かれることを学校で知り、母親の勧めもあって参加した。以来、積極的に活動している。

 2015年にアメリカからザンビアに移住。当時、アンバサダートレーニングが行われていなかったザンビアでトレーニングを実施し、約200人の環境アンバサダーを育成した。トレーニングは通常、コーディネーターと呼ばれる大人が行うもので、子どもの東さんが指導するのは前例のないことだったという。

【プラント・フォー・ザ・プラネット】

 2007年、ドイツ人の9歳の男の子が社会科の授業で発表した「各国で100万本の木を植えたら地球温暖化を止められるのではないか」という意見をきっかけに発足した。独自の「アンバサダートレーニング」という1日で終える指導を受けた世界各国の9〜12歳の子どもたちが環境アンバサダーとして、植樹活動や協力者を増やすためのプレゼンテーションを各地で展開している。

 同トレーニングはこれまでに58カ国で行われ、約5万5千人の環境アンバサダーが誕生。しかし日本は、G8(主要国首脳会議に参加する8カ国)の中で唯一同トレーニングが行われていない。

 2020年までに「1兆本の木を植える」が目標の一つ。「Stoptalking,Startplanting」(口で議論ばかりしていないで、体を動かして木を植えましょう)を合言葉に活動を推し進める。

その他の記事/過去の記事
page-top