【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元から反対意見−日の出通線バリアフリー化事業

本紙掲載日:2017-07-07
1面
3車線化に対して地元住民の中から反対の声が上がっている延岡市の市道日の出通線

4車線を3車線、歩道広く−延岡市

◆「説明なかった」「車線減は不便」

 延岡市が日の出町で進める市道「日の出通線」のバリアフリー化事業に地元住民から反対の声が出ている。安全で快適な歩行空間を創出することを目的とした歩道改良事業だが、現行4車線の車道を3車線に減らす計画が含まれており、「広くて便利な道路を狭くする理由が分からない」などがその理由という。

 延岡市土木課によると、市道日の出通線は、延岡駅東側の三差路交差点とJA延岡本店前の国道10号交差点を結ぶ延長230メートル。現在は幅員25メートルで、中央分離帯を中心に両側に1車線3メートルの片側2車線の車道、その両外側に1・5メートルの停車帯、さらに外側に4メートルの歩道が取り付けられている。

 計画では、歩道の段差や高低差を解消するとともに、同じ幅員のままで構成を改め、中央分離帯を撤去して1車線3メートルの3車線の車道(片側1車線、中央は上下車道の右折レーン)、その両外側に自転車通行レーン兼の2メートルの停車帯、さらに外側には北側5メートル、南側7メートルの歩道を整備する。

 事業は、市が平成16年から同地区で進める歩道バリアフリー化の一環。駅周辺整備に合わせ、駅東口のロータリーや周辺道路との安全性の高い接合などを考慮して計画したという。交通量調査を昨年3月と今年1月に行い、3車線で十分対応できると判断。中央分離帯や減った車道の幅員分を歩道に充て、快適な歩行空間を創出する。

 市としては、昨年10月に地元説明会、11月に沿線住民に個別説明などを行い、「特に反対の声などが聞こえてこなかったため、理解を得られたと判断して事業を進めた」と土木課。国に計画申請するとともに、今年度一般会計当初予算に事業費7千万円(排水工・車道舗装工)を計上し、市議会3月定例会で議決を受けている。

 しかし、反対する住民の受け止めは違う。日の出区長の久世恭久さん(64)は「昨年10月の説明会は、市職員から延岡駅整備の話を聞くためのもので、3車線化の地元説明会ではなかった。一緒に来た土木課職員が話はしたが、変更はできないとのことだった。住民の意見を聞くものではなかった」と振り返る。

 駅東側交差点付近は、学校の送迎バスや観光バスが乗り降りするために停車帯を利用するほか、大型トラックも通行する。このため、3車線化すると渋滞が懸念されるという。

◆理解を得るよう努めたい−市

 今年5月の説明会では、まちのにぎわい創出を目的とした延岡駅周辺整備に伴う交通量増加の観点からも、「なぜ広い道路を狭くしなければいけないのか」などの声が出された。

 久世区長は「初めから3車線ありき。まず住民の意見を聞いてから計画するのが順番だと思う。現在の道路に不便さはないし、地域から要望している訳でもないのに、わざわざ税金を使って狭く、不便にする必要があるのか。4車線のままの整備は望むが、3車線にするなら何もしないでほしい」と話している。

 一方、土木課は「説明不足の面があったと感じている。3車線化の計画の変更は困難だが、変更できる部分については変更していきたい。4車線に近い幅員構成を考えるなど、地元の意向にできるだけ添えるよう協議を進めており、住民の皆さんの理解を得ることができるよう努めたい」としている。

 この問題は、延岡市議会6月定例会(6月5〜23日)の総括質疑および一般質問でも議題に上り、小田忠良議員(無所属)が、地元に反対の声があるとして、市に事業着手の経緯や理由の説明などを求めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top