【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

30年度中開通へ−高千穂日之影道路

本紙掲載日:2017-07-06
1面
貫通後、仕上工が続く大平山トンネルの西側坑口(7月6日、日之影町末市)

末市交差点−深角IC2・8キロ

◆現国道比で約3分短縮

 国土交通省延岡河川国道事務所は5日、九州中央自動車道の一部となる国道218号高千穂日之影道路(日之影町末市―同町七折)のうち、末市交差点―深角ICが「平成30年度中」に開通すると発表した。急峻(きゅうしゅん)な現国道区間を直線で結ぶことで、約3分短縮されるという=文中の構造物名は仮称=。

 同事務所によると、29年度の国当初予算で応分の予算が付き、同区間の前倒し開通にめどが立ったという。具体的な開通日などは未定。

 高千穂日之影道路は、雲海橋東詰めの末市交差点付近から東に大平山トンネル―深角IC―平底トンネル―七折までの延長5・1キロ。総工費約206億円で同25年7月に着工した。

 今度開通する末市交差点―深角IC(約2・8キロ)のほとんどが大平山トンネル(2306メートル)。同トンネルは東工区(1129メートル)と西工区(1177メートル)に分けて建設され、28年4月までに貫通し、現在は照明設備や側溝、舗装などの仕上工が続く。

 一方、深角IC―七折交差点(約2・3キロ)は今年5月12日に総工費約47億円で平底トンネル(1665メートル)の建設に着工、現在約50メートルを掘削中。同トンネルの工期は31年3月までだが、開通時期などは未定。

 前倒し開通に佐藤貢日之影町長は「感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。この区間の開通により所要時間が5分程度短縮され、医療や防災面での効果が期待されます。早期開通に尽力いただいた国交省をはじめ、関係機関の皆さまに感謝したい」とコメントした。

         ▽        ▽

 九州中央自動車道(法定路線名・九州横断自動車道延岡線)は、熊本県嘉島町―延岡市の延長95キロ。宮崎側の北方延岡道路(蔵田交差点―延岡JCT・IC間、13・1キロ)が27年4月29日までに開通。熊本側は19年10月に嘉島―山都間(23キロ)が着工。26年3月22日に嘉島JCT―小池高山IC間約1・8キロが開通。小池高山IC―北中島ICの10・8キロは30年度中開通予定。北中島IC―矢部IC間10・4キロの開通時期は未定。

その他の記事/過去の記事
page-top