【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

まちづくり懇談会−北浦地区からスタート

本紙掲載日:2017-07-04
3面
北浦地区住民を対象に開かれた延岡市のまちづくり懇談会(6月29日、北浦公民館)

10月まで11地区で開催−延岡市

 延岡市長と市民が直接意見交換を行う平成29年度「まちづくり懇談会」の第1回目が6月29日、延岡市北浦町の北浦公民館で開かれた。北浦地区の住民ら約60人が出席。首藤正治市長とまちづくりの課題などについて、意見を交わした。

 はじめに、首藤市長が新庁舎や最終処分場など生活関連施設の整備や、東九州自動車道の開通と、開通効果を生かすための全国への情報発信イベント(東京ガールズコレクション、エンジン01など)の実施など、まちづくりの取り組みを紹介。

 延岡市が抱える課題については、南海トラフ巨大地震対策や人口減少社会の到来などを挙げた上で、津波避難施設整備や子育て支援、雇用創出、食の魅力で人を呼び込む東九州バスク化構想などの取り組みなどを説明し、理解を求めた。

 住民からは「高速道路開通で国道388号沿いが寂れているので、『海が見える桜街道』を整備してほしい」などの要望があり、市長は「樹木の持つ魅力で人を引き付ける工夫は大切。どういう形になるか分からないが考えたい」と答えた。

 同懇談会は市内11地区で開催する。

その他の記事/過去の記事
page-top