【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

台風接近を想定し訓練

本紙掲載日:2017-07-03
3面
高千穂町の三田井北、三田井東公民館を対象に行われた防災訓練。自衛隊の車両で避難所に避難してきた人たち

高千穂町の2公民館−陸自も参加

 高千穂町はこのほど、町内2公民館(三田井北、三田井東)を対象に台風の接近を想定した防災訓練を実施した。町、県、消防、警察、消防団、自衛隊、地域の人たちら約300人が参加し、情報の収集・伝達や避難誘導などいざという時の対応を確認、防災への意識を高めた。

 訓練は、台風が接近し、午前7時30分に大雨洪水警報が発令された――との想定。町は、情報連絡本部を設置するとともに地元の消防団に巡回を要請し、要援護者の自主避難と避難所の開設を決めた。

 さらに、土砂災害警戒情報の発表に伴い、警戒態勢を情報警戒本部から災害対策本部に移行。全世帯への自主避難を呼び掛けた。その後、土砂災害の危険性が高まったとして避難勧告を発令。住民に自主避難先の両公民館から町自然休養村管理センターへの避難を促した。

 この日は、陸上自衛隊都城駐屯地第43普通科連隊と地元の婦人部がおにぎりの炊き出しを行ったほか、西臼杵広域消防本部による救急救命講習、県西臼杵支庁による土砂災害防止講座もあった。

 三田井東公民館の中島博館長(61)は「情報の共有、伝達の部分で課題も見えたので、意義のある訓練だった。今後も地域の危険箇所を点検するなどして防災意識を高めていきたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top