【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

裸馬、神田を疾走−御田祭

本紙掲載日:2017-07-03
1面
豪快に泥しぶきを上げ神田を疾走する人馬

飛び散る泥、上がる歓声−美郷町西郷

 豊作や無病息災を願う県指定無形民俗文化財「御田祭(おんださい)」は2日、美郷町西郷の田代神社の神田を主会場に開かれた。牛馬を繰り出して神田を代かきする「牛馬入れ」や早乙女姿の女性たちによる古式ゆかしい田植えなど、平安時代から約千年受け継がれる伝統の祭事でにぎわった。

 神田の泥しぶきを浴びると、一年の無病息災を約束されると伝えられており、県内外から訪れた多くの見物客が神田「中の宮田」を囲んだ。中でも、裸馬の手綱とむちを握る地元の男衆と一体となった裸馬の繰り出しは人気で、見物客は近づく馬の迫力と飛び散る泥しぶきに悲鳴や歓声を上げながら伝統の田植え祭りを満喫した。

 締めくくりとなる田植えには、町内外から応募した134人の女性が参加。平安時代の雅楽の一種「催馬楽(さいばら)」の口上に乗せ、苗を丁寧に手植えした。アマチュアカメラマンも多数駆け付け、梅雨の晴れ間の下、汗だくになりながらシャッターチャンスを狙っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top