【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

野田電機工業(大分市)を買収

本紙掲載日:2017-06-30
3面

東九州での事業拡大へ−興電舎

 延岡市浜町の電力設備保全設計サービス業、興電舎(甲斐稔康社長)が、大分市三佐の野田電機工業(野田謙二社長)を買収した。同社の発行済み株式のすべてを5月15日付で取得し、29日に発表した。

 野田電機工業は、社名や従業員を維持したまま、興電舎の完全子会社となった。野田社長は相談役に退き、甲斐社長が新社長を兼任。また、副社長に興電舎の岡本清貴専務が就任した。

 野田電機工業は昭和39年創立。モーター、ホイスト、コンプレッサー、遮断器などの点検整備や大手電機メーカーの製品・部品の販売代理店としての業務を行っており、多数の取引先を持つ。年商6億円(平成28年度)、従業員数60人。

 興電舎は同24年創立。電力設備保全設計のほか、電気計装工事、監視制御システムやソフトウエアの設計・開発などを手掛ける。年商33億円(同)、従業員数280人。大分事業所では主に旭化成大分工場の電力設備保全を担ってきたが、他社からの受注増に伴い、人手不足になっていた。

 同社は「野田電機工業と当社の大分事業所ならびに他支店・事業所と連携して、東九州地域での事業拡大を図りたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top